国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくゼミナール

2020年6月20日(土)
博物館が社会を変える――水俣の遺産

水俣市茂道漁港での水俣病を伝える活動

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため 中止となりました。

博物館や資料館はただモノを保管するだけではありません。現在、その社会を変える力が注目されています。熊本県水俣市の資料館を事例に、負の遺産がどのように利用されているかをお話しします。

 

○ 講師
平井京之介(国立民族学博物館教授)

○ 場所
国立民族学博物館 講堂

○ 日時
2020年6月20日(土)13:30~15:00(13:00開場)

○ 定員
450名[先着順/申込不要]

○ 参加費
無料

○ お問い合わせ
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
※手話通訳を希望される方は、5月29日(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
E-mail:hjigyo★minpaku.ac.jp(★を@に置き換えて送信ください)
FAX:06-6878-8242