国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

外来研究員

2020年度に受入れた外来研究員

中野歩美(日本)
受入担当教員:三尾稔
インド北西部に暮らす移動民の住まい方に関する研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
佐藤浩司(日本)
受入担当教員:菊澤律子
オーストロネシア語族の建築に関する比較研究
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
邱君妮(台湾)
受入担当教員:日髙真吾
台湾における地域文化遺産の保存・活用に関する博物官学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
片雪蘭(韓国)
受入担当教員:太田心平
チベット難民の越境と第3国への再移住に関する人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2022/3/31
伊藤渚(日本)
受入担当教員:吉田憲司
布と人の関わりを通じた身体観の変遷に関する人類学的研究―ラオス北部タイ系民族の女性の織る布と紋様に注目して
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
藤田瑞穂(日本)
受入担当教員:川瀬慈
拡張された場における映像実験プロジェクト
受入れ期間:2018/10/1-2022/3/31
裵眞晟(韓国)
受入担当教員:池谷和信
支石墓と民間信仰
受入れ期間:2020/3/10-2020/5/30
福間真央(日本)
受入担当教員:關雄二
境界域の先住民:モビリティ、記憶、境界
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
常田夕美子(日本)
受入担当教員:三尾稔
インド・オディシャーにおける親密圏の変容:恋愛・婚姻・家族をめぐる情動と経験
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
山本泰則(日本)
受入担当教員:丸川雄三
文化資源情報の構造的記述と活用に関する研究
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
松岡とも子(日本)
受入担当教員:山中由里子
韓国近現代画家金煥基が描いた朝鮮文化を象徴するモチーフ―1950年代の作品から
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
栗山新也(日本)
受入担当教員:福岡正太
三線が引き出す社会関係、価値、感情――大衆楽器が人びとに与える効果の研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
松岡佐知(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:鈴木七美
高齢期の人間にとっての居住型宗教施設の役割:南インドの事例から
受入れ期間:2018/4/1-2021/3/31
佐藤吉文(日本)
受入担当教員:關雄二
先スペイン期のアンデスにおいて禿頭とは何か:「第三のジェンダー」に関する考古学的研究に向けて
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
藤井真一(日本)
受入担当教員:丹羽典生
贈与交換による平和の構築・維持・再生産に関する人類学研究―ソロモン諸島の事例から
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
DeAntoni Andrea(イタリア)
受入担当教員:宇田川妙子
現代日本とイタリアにおける憑依と除霊の体験-宗教・生物医療を感じる身体とジェンダー
受入れ期間:2020/4/1-2020/10/31
吉直佳奈子(日本)
受入担当教員:宇田川妙子
生殖の知識・認識・経験:日本における生殖補助医療の受容/拒否についての人類学的考察
受入れ期間:2020/4/1-2022/3/31
児玉徹(日本)
受入担当教員:出口正之
産官学民連携のもとで文化ツーリズム推進策の人類学的な分析 - ワインツーリズム推進政策の国際比較を中心に
受入れ期間:2019/5/1-2021/3/31
竹村嘉晃(日本)
受入担当教員:福岡正太
移民の身体ポリティクス:インド舞踊のグローバル化とエージェンシー
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
深海菊絵(日本)
受入担当教員:松尾瑞穂
家族と倫理:米国ポリファミリーを事例として
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
緒方しらべ(日本)
受入担当教員:寺村裕史
感性と制度のつながり――芸術をめぐる「喚起」と「評価」のプロセスから考える
受入れ期間:2019/10/1-2022/3/31
稲井啓之(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:飯田卓
アフリカ内水面における「よそ者」に着目した持続的水産資源管理構築に関する研究
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
井家晴子(日本)
受入担当教員:宇田川妙子
妊娠・出産の異常とその対処法に関する文化間比較研究
受入れ期間:2018/9/15-2020/9/14
高木仁(日本)
受入担当教員:池谷和信
人とウミガメの民族誌(2)
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
伊藤悟(日本)
受入担当教員:川瀬慈
中国西南・東南アジアのタイ系民族における詩的オラリティの継承と創造的実践に関する研究
受入れ期間:2020/4/1-2024/3/31
Theresia Hofer(オーストリア)
受入担当教員:菊澤律子
人類学におけるユニバーサル・ミュージアム・デザイン
受入れ期間:2019/12/17-2020/6/4
高橋晴子(日本)
受入担当教員:南真木人
服装・身装文化デジタルアーカイブの国際化および標準化の検討と実践
受入れ期間:2019/4/1-2025/3/31
近藤祉秋(日本)
受入担当教員:伊藤敦規
先住民と情報化する社会の関わり
受入れ期間:2020/10/1-2023/3/31
難波美芸(日本)
受入担当教員:樫永真佐夫
インフラストラクチャーが作る時間的多様性:ラオス北部ルアンナムター県の事例
受入れ期間:2020/4/1-2022/3/31
中川敏(日本)
受入担当教員:飯田卓
文化人類学を自然化する
受入れ期間:2017/10/1-2021/3/31
崎田誠志郎(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:池谷和信
東地中海域における小規模漁業の漁場利用生態と漁場管理制度の統合的解明
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
辻本香子(日本)
受入担当教員:福岡正太
都市における芸能を主としたイベントの構築にみる音環境の研究
受入れ期間:2020/2/1-2021/3/31
内田修一(日本)
受入担当教員:三島禎子
都市環境におけるソンガイの精霊憑依の実践の研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
杉本敦(日本)
受入担当教員:新免光比呂
小規模農家支援をめぐる貧困概念の文化人類学的研究―EU農政下のルーマニアを例に
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
新本万里子(日本)
受入担当教員:丹羽典生
出産をめぐる保険・医療事業の影響に関する文化人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2022/3/31
次下利春人(日本)
受入担当教員:信田敏宏
西部ボルネオ島のダヤク系民族に関する歴史人類学研究
受入れ期間:2019/4/1-2021/3/31
謝黎(中国)
受入担当教員:韓敏
現代中国における「民族服」をめぐる交渉・競争・闘い―「民族服」事象に関する理論的構築に向けて
受入れ期間:2020/10/1-2023/9/30
渡辺浩平(日本)
受入担当教員:伊藤敦規
アメリカ先住民ナヴァホ指定居留地における共歓の人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
田沼幸子(日本)
受入担当教員:相島葉月
ネオリベラリズムの中のモラリティ
受入れ期間:2017/10/1-2021/3/31
額田有美(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:關雄二
ラテンアメリカ地域における「先住民性」についての民族誌的研究:コスタリカを中心に
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
二階堂祐子(日本)
受入担当教員:松尾瑞穂
出生前検査の「対象となる妊婦」に関する人類学的研究-サブスタンスの地域性と動態
受入れ期間:2019/5/1-2021/3/31
工藤由美(日本)
受入担当教員:鈴木紀
チリ先住民マプーチェの民族医療の都市的展開に関する人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2024/3/31
趙芙蓉(中国)
受入担当教員:藤本透子
チベット仏教とモンゴル・シャマニズムの関係性に関する研究―モンゴル地域の土地神信仰をめぐって
受入れ期間:2019/4/1-2021/3/31
渡辺裕木(日本)
受入担当教員:鈴木紀
メキシコ先スペイン期の遺跡に与えられた自国のアイデンティティー形成に果たす役割
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
荒田恵(日本)
受入担当教員:關雄二
器の中のアンデス世界を体験するメディア展示
受入れ期間:2020/4/1-2021/6/14
髙野哲司(日本)
受入担当教員:池谷和信
近現代の日本の都市における庶民の庭の植物利用
受入れ期間:2020/10/1-2023/9/30
櫻井想(日本)
受入担当教員:河合洋尚
中国都市部における古物の攤販市場をめぐる<空間>と<場所>の民族誌: 天津の「鬼市」を事例として
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
風間計博(日本)
受入担当教員:丹羽典生
オセアニア・東南アジア島嶼部における他者接触の歴史記憶と感情に関する人類学的研究
受入れ期間:2018/10/1-2022/3/31
坂口奈央(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:林勲男
災害遺構を巡る住民の語りをもとにした集合的記憶形成過程の研究
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
早川真悠(日本)
受入担当教員:出口正之
レソトにおけるジンバブエ移民行商人の会計方法にかんする人類学的研究
受入れ期間:2019/4/1-2023/3/31
横田浩一(日本)
受入担当教員:河合洋尚
潮州系華人の宗教領域における統治と放縦に関する研究
受入れ期間:2020/10/1-2021/9/30
中田梓音(日本)
受入担当教員:菊澤律子
対人関係の構築過程における言語コミュニケーション研究
受入れ期間:2019/4/1-2021/3/31
劉征宇(中国)
受入担当教員:韓敏
社会主義制度下の食文化と日常生活に関する研究-中国北部の都市を事例として-
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
SAUCEDO SEGAMI Daniel Dante(ペルー)
受入担当教員:關雄二
現代ペルーにおける文化遺産の活用に関する研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
荘司一歩(日本)
受入担当教員:關雄二
先史アンデスにおける公共建造物の出現と生態資源利用
受入れ期間:2020/10/1-2021/9/30
今井彬暁(日本)
受入担当教員:森明子
ベトナムのモン社会における死者のエージェンシーの研究
受入れ期間:2020/10/1-2021/9/30
中谷文美(日本)

岡山大学 大学院社会文化科学研究科 教授

受入担当教員:上羽陽子
伝統染織品の生産と消費―文化遺産化・観光化によるローカルな意味の変容をめぐって
受入れ期間:2018/10/1-2022/3/31
山極海嗣(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:小野林太郎
ミクロネシア-南琉球の比較分析による初期人類の島嶼適応戦略の解明
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
井上航(日本)
受入担当教員:福岡正太
音・声・言葉をつなぐ身体―ブラウクルン語の表出性からの接近
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
宗暁蓮(中国)
受入担当教員:韓敏
日中相互間における社会イメージの形成および社会記憶の構造に関する研究―訪日旅行者のインタラクティブな文化交流と相互理解への影響を事例として
受入れ期間:2019/10/1-2020/9/30
松田有紀子(日本)
受入担当教員:飯田卓
花街の担い手コミュニティによる「伝統」継承をめぐる歴史人類学的研究
受入れ期間:2019/4/1-2021/3/31
辺清音(中国)
受入担当教員:韓敏
新華僑と神戸南京町の相互作用に関する人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
永田貴聖(日本)
受入担当教員:川瀬慈
複数エスニシティ・ナショナリティ関係の文化人類学研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
呂怡屏(台湾)
受入担当教員:野林厚志
文化復興による民族アイデンティティ形成に関する人類學的研究 ——台湾のシラヤ族の事例
受入れ期間:2020/10/1-2021/9/30
白福英(中国)
受入担当教員:卯田宗平
中国・内モンゴルにおける漢民族の牧畜活動に関する研究―オラド後旗の事例から
受入れ期間:2019/10/1-2021/9/30
西真如(日本)

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 特定准教授

受入担当教員:森明子
心配と係り合いについての人類学的探求
受入れ期間:2018/10/1-2022/3/31
中村友香(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:三尾稔
ネパールにおける近代医療の市場化―医療アクセス・薬剤・身体経験―
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
仲尾友貴恵(日本)
受入担当教員:松尾瑞穂
タンザニア・ダルエスサラームにおける身体障害者の生活基盤
受入れ期間:2019/7/25-2021/3/31
川口聖(日本)
受入担当教員:菊澤律子
日本における手話の言語変化に関する研究
受入れ期間:2019/4/1-2021/3/31
山本文子(日本)
受入担当教員:池谷和信
ミャンマー都市部における民間信仰の文化人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
黄潔(中国)
受入担当教員:奈良雅史
現代タイの都市部における「クニの柱」信仰の集合現象の解明
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
中道静香(日本)
受入担当教員:西尾哲夫
『千夜一夜』をめぐる写本・刊本の編纂過程と書物文化の諸相
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
伊敏(中国)
受入担当教員:河合洋尚
中国における少数民族言語地名の漢字表記にみる歴史と文化―内モンゴル地域におけるモンゴル語と満洲語の地名を中心に―
受入れ期間:2020/10/1-2021/3/31
佐川徹(日本)
受入担当教員:池谷和信
統治のフロンティア空間をめぐる人類学―国家・資本・住民の関係を考察する
受入れ期間:2018/10/1-2022/3/31
工藤さくら(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:南真木人
ネワール低カースト女性の儀礼実践とその変容に関する宗教人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
田村卓也(日本)
受入担当教員:飯田卓
東アフリカ沿岸部の小規模漁業者による水域環境の利用に関する研究
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31
野嶋洋子(日本)
受入担当教員:丹羽典生
無形文化遺産の継承・変容と自然災害による影響の動態的把握:バヌアツ北部事例研究
受入れ期間:2019/4/1-2021/3/31
登久希子(日本)
受入担当教員:吉田憲司
社会をつくる芸術:「ソーシャリー・エンゲイジド・アート」の人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
査斯査干(中国)
受入担当教員:新免光比呂
オイラド・モンゴルの口頭伝承にかんする人類学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2020/8/30
盛恵子(日本)
受入担当教員:吉田憲司
セネガル、ニアセン教団における女性の宗教的権威の伸張
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
岡本尚子(日本)
受入担当教員:西尾哲夫
「J.-C.マルドリュス遺贈コレクション」中の『詞華集』研究
受入れ期間:2018/4/1-2023/3/31
山泰幸(日本)
受入担当教員:西尾哲夫
グローバル時代における「寛容性/非寛容性」をめぐるナラティヴ・ポリティクス
受入れ期間:2018/10/1-2022/3/31
楠和樹(日本)

日本学術振興会 特別研究員

受入担当教員:池谷和信
第二次世界大戦後のケニアにおける越境性動物疾病対策と国家統治の変容
受入れ期間:2020/4/1-2023/3/31
中川渚(日本)
受入担当教員:關雄二
先史アンデス形成期における社会動態
受入れ期間:2020/4/1-2022/3/31
高茜(中国)
受入担当教員:南真木人
中国南西部の少数民族地域における芸術・文化の変容に関する研究
受入れ期間:2019/4/1-2023/3/31
鈴木博之(日本)
受入担当教員:吉岡乾
チベット文化圏東部の未記述言語の解明と地理言語学的研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
賈玉龍(中国)
受入担当教員:松尾瑞穂
中国漢族の「親族関係」をめぐる人類学的研究:「つながり」概念を手掛かりに
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
神田和幸(日本)
受入担当教員:菊澤律子
新手話学の構成素の実証的検証研究
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
中村真里絵(日本)
受入担当教員:上羽陽子
世界文化遺産バンチェン遺跡の遺物の古美術品化とその価値づけをめぐる文化人類学的研究
受入れ期間:2019/4/1-2023/3/31
内藤直樹(日本)
受入担当教員:森明子
カネとチカラの民族誌:公共性の生態学にむけて
受入れ期間:2018/10/1-2022/3/31
髙屋雅彦(日本)
受入担当教員:出口正之
精神科医療の比較制度分析―人類学的アプローチの可能性について―
受入れ期間:2020/4/1-2021/3/31
秋保さやか(日本)
受入担当教員:鈴木紀
内戦後のカンボジア農村開発に関する民族誌的研究
受入れ期間:2019/4/1-2022/3/31