国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

国立民族学博物館研究報告

『国立民族学博物館研究報告』は、民族学(文化人類学)の発展に寄与するために、国立民族学博物館が刊行する研究誌です。この目的に即して、民族学、人類学および関連諸科学に関する論文、書評論文、資料、研究ノートを掲載しています。年4回出版。

研究報告投稿規程  研究報告執筆要領  研究報告申請書 研究報告(特集)申請書  研究報告チェックシート
国立民族学博物館研究報告 2020 45巻2号

2020年10月30日刊行

バックナンバー

目次

論文
ベトナムにおける黒タイ文字の創成について
樫永真佐夫
特集 「協働/プロセスの人類学―同時代のアートをめぐる省察から」

登久希子・兼松芽永
論文
アート作品の譲渡不可能性
―参加型アートとその制作プロセス―
登久希子
芸術家と非芸術家の関係から生じる「アート」
―《Self Select: Nairobian in Tokyo》の実践から―
西尾美也
窓花を〈うつす〉窓花展
―人類学的表現実践としての映像と展示制作―
丹羽朋子
アートによる「生活空間の脱植民地化」をめざして
―オアハカの民衆聖像崇拝とアクチュアリティの共鳴―
山越英嗣
アートプロジェクトの図地転換
―田んぼの「棚田化/アート化」から考える―
兼松芽永

 

 

45巻1号 All 45巻3号
『国立民族学博物館研究報告』へのお問い合せ:
国立民族学博物館 編集室
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
Fax: 06-6878-7503
email: editorial★minpaku.ac.jp
★を@に置き換えて送信ください。