国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

民博通信

『民博通信』は、本館において実施している個々の研究プロジェクトについて、その学術的な特色や独創的な点、導き出された成果などを、研究者や一般の方々にわかりやすく発信する雑誌です。
※論文は みんぱくリポジトリからもダウンロードできます。

2020 No.1 (2020年3月31日発行)



CONTENTS

Start up

共同研究 オセアニア・東南アジア島嶼部における他者接触の歴史
記憶と感情に関する人類学的研究
真実と虚偽の狭間に措定された「史実性」の追究
風間計博
--------------------------------------------------
共同研究 カネとチカラの民族誌 ─ 公共性の生態学にむけて
なぜ公共空間の生態学なのか
─ 「潜在的なもの」に目を凝らし、耳を澄ますために
内藤直樹
--------------------------------------------------
共同研究 伝統染織品の生産と消費 ─ 文化遺産化・観光化によ
るローカルな意味の変容をめぐって
伝統染織とは何か ─ 伝統と革新、そして継承
中谷文美
--------------------------------------------------
共同研究 心配と係り合いについての人類学的探求
ケアの生態学に向けて
西真如
--------------------------------------------------
共同研究 グローバル時代における「寛容性/非寛容性」をめぐる
ナラティヴ・ポリティクス
ナラティヴ・ポリティクスとしての現代異人論の探求
山泰幸
--------------------------------------------------
共同研究 拡張された場における映像実験プロジェクト
映像表現をめぐる考察 ─ 現場の視点から
藤田瑞穂
--------------------------------------------------
共同研究 グローバル化時代における「観光化/脱‒ 観光化」のダ
イナミズムに関する研究
観光を再考する、観光の人類学を再構想する
東賢太朗
--------------------------------------------------
共同研究 島世界における葬送の人類学 ─ 東南アジア・東アジ
ア・オセアニアの時空間比較
サピエンスによる葬送行為を島という視点から探る
小野林太郎
--------------------------------------------------
共同研究 社会・文化人類学における中国研究の理論的定位 ─
12のテーマをめぐる再検討と再評価
なぜいま中国の人類学的研究を再考するのか
河合洋尚
--------------------------------------------------
共同研究 人類史における移動概念の再構築 ─ 「自由」と「不
自由」の相克に注目して
異分野融合による人類史規模での移動概念を求めて
鈴木英明
--------------------------------------------------

共同研究 食生活から考える持続可能な社会 ─ 「主食」の形成
と展開
共同研究「主食論」をはじめるにあたって
野林厚志
--------------------------------------------------
共同研究 沙流川調査を中心とする泉靖一資料の再検討
再生事業の現場から問い直す泉靖一のイオル
大西秀之
--------------------------------------------------
共同研究 感性と制度のつながり ─ 芸術をめぐる「喚起」と「評
価」のプロセスから考える 感性と制度の多様な結びつきを探究する
緒方しらべ
--------------------------------------------------
共同研究 モビリティと物質性の人類学
移動の物質的側面を追って
古川不可知
--------------------------------------------------

海外研究動向

民族植物学コレクションを活用した共同研究の動向
─ キュー植物園エコノミック・ボタニー・コレクション
大澤由実
--------------------------------------------------
イギリスにおける民族音楽学の研究動向
─ 学際的共同研究の取り組みを中心に
神野知恵
--------------------------------------------------
オランダにおける資料管理等に関する研究動向調査報告
末森薫
--------------------------------------------------
英国のセミナー文化に見る人類学的な知のありかた
古川不可知
--------------------------------------------------

 
 
 

閲覧方法

『民博通信Online』No1 から、すべて電子ブックでの配信となります。以下の方法でも閲覧できます。

国立民族学博物館リポジトリ

※リポジトリではPDF形式もダウンロードできます。

 

 みんぱくリポジトリ

 
電子書籍アプリ「Poste(ポステ)」

・アプリインストール後、初回のみみんぱくホームページ
 より登録
・アプリに関しての詳細はリンクページをご覧ください。

 

 電子書籍アプリ「Poste(ポステ)」

 
 

発刊のお知らせ

「民博通信Online」の発刊情報は、ホームページ上でお知らせします。以下の方法でも取得できます。

Facebook(国立民族学博物館公式)

Facebookの記事に発刊の情報が随時掲載されます。

 

 オフィシャルページ

 
Twitter(国立民族学博物館公式)

Twitterのタイムラインに発刊の情報が随時掲載されます。

 

 オフィシャルページ

メルマガ(みんぱくe-news)

会員登録により、メルマガに記載された発刊の情報を受け取ることができます。

 

 登録ページ

 
 
 
 

最近の発行


No.164
(2019年3月29日発行)

評論・展望 人をつなぐ技法としてのパフォーミング・アーツ ─共生のためにできること


No.163
(2018年12月28日発行)

評論・展望 イスラームの語源は「平和」か ─中東地域における文化資源の現代的変容と 個人空間の再世界化の研究にむけて


No.162
(2018年9月28日発行)

評論・展望 水俣病を伝えるという運動 ─ブルデュー実践理論によるアプローチ


No.161
(2018年6月29日発行)

評論・展望 東日本大震災以降の災害研究─人類学と他分野との協働に向けて


No.160
(2018年3月30日発行)

評論・展望 日本における地域文化研究への新たなアプローチ


No.159
(2017年12月25日発行)

評論・展望 アフリカにおける障害者の生活世界―その地域性と歴史性


No.158
(2017年9月29日発行)

評論・展望 文明の転換点における人類学と博物館―民博の開館40 周年にあたって考える


No.157
(2017年6月25日発行)

評論・展望 社会的なものをいかに描くか―ケアが発動する場所への関心

お問い合わせは、国立民族学博物館 編集室まで。
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
Fax: 06-6878-8429
email: tushin★minpaku.ac.jp
★を@に置き換えて送信ください。