国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長室だより

館長室だより
2019年02月14日

国立台湾歴史博物館を訪問

 吉田館長は、2月14、15日、国立台湾歴史博物館において、国立民族学博物館との共催により開催されている「南方共筆:継承される台南風土描写特別展」の会場を訪問しました。

 この展示は、日本統治時代、1934年から1940年にかけての時期の台湾で研究や教育に従事した地理学者、内田勣(Uchida Isao,1906-1947)が残した写真のほか、当時の「旅日記」や新聞の切り抜き等を交えて、日本統治時代の台湾の姿をふりかえるものです。

 内田勣氏のコレクションは、先ごろ、国立民族学博物館に収められ、デジタル化、データベース化されたものです。国立民族学博物館が所蔵する資料が台湾の人びとの記憶の掘り起こしと継承の一助となっています。

国立台湾歴史博物館の視察の様子
訪問の様子
国立台湾歴史博物館のみなさまと
国立台湾歴史博物館のみなさまと

「館長室だより」トップに戻る

2019年02月14日 14:04 | 全般 訪問
みんぱくの国際交流の一端を館長室が紹介します
<< 2020年05月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30