国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長室だより

館長室だより
2019年11月28日

ミンパク オッタ カムイノミ(民博でのカムイノミ)

 みんぱくでは、毎年、北海道アイヌ協会の方々におこしいただき、本館に収蔵されているアイヌの標本資料の安全な保管と後世への確実な継承を願い、カムイノミ(神への祈り)の儀式と古式舞踊の演舞をおこなっていただいています。

 今年は、豊川アイヌ協会の皆さんにおこしいただきました。

 館長も例年どおり、参列いたしました。

カムイノミの儀礼
カムイノミの儀礼

 儀礼終了後、伝統料理(チェプオハウ:鮭の汁物、イナキビご飯、焼きホタテ、コンブシト:昆布だれの団子、チポロシト:イクラをのせた団子)が振舞われ、おいしくいただきました。

 午後からアイヌ協会のみなさんが館長室へお越しになり、館長と歓談いたしました。

 

「館長室だより」トップに戻る

 

2019年11月28日 11:58 | 全般
みんぱくの国際交流の一端を館長室が紹介します
<< 2020年05月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30