国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう

2019年1月6日(日)
食のグローバル化――アメリカ大陸からの発信と受容

アンデス原産のカボチャ。一個は買えそうもない。ペルー北高地カハマルカ市の市場にて。
写真 関雄二

現代人の食生活は、農耕を生み出した古代文明の恩恵にあずかっています。一例としてアメリカ大陸原産の栽培植物や、外来の食用植物でアメリカ大陸を代表するものなどを紹介し、食のグローバル化を考えてみたいと思います。

○ 話者
関雄二(国立民族学博物教授)

○ 場所
国立民族学博物館 本館展示場(アメリカ展示)

○ 日時
2019年1月6日(日) 14:30~15:00

○ 定員
なし(ご自由に参加いただけます。)

○ 参加費
無料(ただし、展示観覧券が必要です。)

○ お問い合わせ
国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)