国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

イベント・ワークショップ

2019年4月13日(土) ~4月14日(日)
特別展関連ワークショップ「手づくりおもちゃ 張り子の絵付け」

特別展「子ども/おもちゃの博覧会」 関連


チラシダウンロード[PDF:1.8MB]

沖縄の張り子作家の豊永盛人さんを招き、張り子おもちゃの歴史やつくり方、沖縄の人びとと張り子のかかわりなどのお話を聞きながら、無地の張り子に絵付け体験を行います。

  • 開催日:2019年4月13日(土)、4月14日(日)
  • 時間:13:00~14:00/15:00~16:00
  • 場所:国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)
  • 講師:
      豊永盛人(琉球張り子作家、玩具ロードワークス代表)
      笹原亮二(国立民族学博物館教授)
  • 定員:各回20名
  • 対象:どなたでも(小学5年生未満は保護者同伴)
  • 参加方法:事前申込制(応募者多数の場合は抽選)
  • 参加費:500円 ※展示をご覧になる場合は、展示観覧券が必要です。
  • 応募方法:申込フォームまたは往復ハガキでご応募ください。
  • 応募期間:3月20日(水)~4月1日(月)必着
 

講師プロフィール

[img]

豊永盛人(とよなが もりと)

1976年生まれ。沖縄出身、沖縄在住。沖縄県立芸術大学を卒業後、張り子の郷土玩具を作り始める。2002年郷土玩具店「玩具ロードワークス」を開く。郷土玩具を中心とした個展を開催したり物産展等に参加している。

 

作品例

 

応募方法

申込フォームまたは往復ハガキにてご応募ください。
1通につき2名までお申し込みいただけます。
 ※応募期間:3月20日(水)~4月1日(月)(応募多数の場合は抽選となります。)
 ※応募締切:4月1日(月)必着
 ※受付結果通知:4月5日(金)以降(メールまたはハガキにてお知らせします。)

◇ 申込フォーム

参加申込フォームに必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。

 
◇ 往復ハガキ

3月20日(水)到着分から受付を開始いたします。

下記内容をご記入の上、ご応募ください。

◆往信面
1.代表者氏名(ふりがな)
2.住所
3.電話番号(緊急連絡先)
4.参加希望日時(第4希望までご記入いただけます)
5.参加希望人数(ハガキ1通につき2名まで)
6.参加希望者全員の氏名(ふりがな)
7.付添い者の有無
  ※参加者が小学5年生未満の場合、保護者の同伴が必要です。
   一緒にご参加もしくは付添い(見学)でご応募ください。
◆返信面
申込代表者の住所・氏名
往復ハガキ応募先
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
国立民族学博物館 企画課 「手づくりおもちゃ 張り子の絵付け」係
ご確認ください
  • 消えるボールペンなどは使用しないでください。返信内容の印刷時にご記入いただいた内容が消えてしまうおそれがあります。
  • ご応募いただいた方には、本館より返信いたします。
  • 申込フォームでお申込の場合、受付完了の自動送信メールをお送りします。しばらくたってもメールが届かない場合は、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。
  • ご応募いただいた方の個人情報は、本館事業に関する目的以外では使用しません。
 

お問い合わせ先

国立民族学博物館 企画課 博物館事業係
電話 06-6878-8532(土日祝を除く9:00~17:00)
FAX 06-6878-8242