国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

イベント・ワークショップ

2017年10月9日(月・祝)
標交紀の咖啡とは?

開館40周年記念新着資料展示「標 交紀(しめぎゆきとし)の咖啡(コーヒー)の世界」関連


「コフィア」のハラール・モカ

標交紀(しめぎゆきとし)の数少ない弟子のひとり、門脇祐希氏を講師にお迎えして、標の生涯と世界各地のコーヒー文化について本館教員とトークをおこないます。
また、当日は標直伝の咖啡の試飲(別途事前申込必要です。)もおこないます。

 

鼎談(事前申込不要)

  • 開催日:2017年10月9日(月・祝)
  • 時間:13:00~13:45
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 定員:80名(当日先着順/事前申込不要)
  • 参加費:無料/要展示観覧券
  • 講師:門脇祐希(自家焙煎咖啡専門店「コフィア」店主)
       黒田賢治(国立民族学博物館現代中東地域研究拠点拠点研究員)
       菅瀬晶子(国立民族学博物館准教授)
プロフィール

門脇祐希(自家焙煎咖啡専門店「コフィア」店主)
自家焙煎咖啡専門店の伝説的存在である「もか」の店主であり、標コレクションの収集者でもある標交紀のもとで11年間修行した後、故郷の山形県鶴岡市に「コフィア」を開店。標のコーヒー焙煎機と咖啡ノートを受け継ぎ、現在現役で活躍する唯一の弟子である。

 
 
 

試飲(要事前申込)

  • 開催日:2017年10月9日(月・祝)
  • 時間:第1回 10:15~11:05
       第2回 14:00~14:50
       第3回 15:00~15:50
  • 場所:みんぱく職員食堂
  • 定員:各回15名(要事前申込)※申込受付は終了いたしました。
  • 参加費:300円/要展示観覧券
 

お問い合わせ

国立民族学博物館 企画課
 TEL:06-6878-8210(土日祝除く9:00~17:00)
 FAX:06-6878-8242