国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱく映画会

2020年10月10日(土)
斧は忘れても、木は覚えている

特別展「先住民の宝」関連


チラシダウンロード[PDF:1.7MB]

特別展「先住民の宝」の関連イベントとして、『斧は忘れても、木は覚えている』の映画会を開催します。本作は、マレーシアの先住民オラン・アスリの現状やマレーシアがブミプトラ政策を採用する大きな要因となった「人種暴動」(1969年)に関するドキュメンタリー映画です。森林破壊に直面するオラン・アスリの悲惨な状況や、マイノリティであるオラン・アスリや華人を取り巻くマレーシアの歴史を関係者のインタビューなどを交えながら紹介しています。

  • 日 時:2020年10月10日(土)
    13:30~16:30(開場13:00)
  • 場 所:国立民族学博物館 講堂
  • 参加費:無料/要展示観覧券(一般 580円)
  • 定 員:160名
    事前予約の方は入場整理券を11:00より本館2階講堂前にて配付します。
  • 主 催:国立民族学博物館
 

プログラム

 
13:00 開場
13:30 - 14:00 開演挨拶・解説
14:00 - 15:30 作品上映
15:30 - 15:45 休憩
15:45 - 16:30 解説・質疑応答
16:30 終了
上映作品「斧は忘れても、木は覚えている」

 ■ 2019年/89分
 ■ 監督/ラウ・ケクフアット(Lau Kek Huat;廖克発)
 ■ プロデューサー/Tan Kau Hau(陳嘉豪)
 ■ 製作国/台湾
 ■ 主な撮影国/マレーシア
 ■ 配給/Hummingbird Production Co., Ltd.
 ■ 言語/Mandarin, English, Bahasa Melayu(マレー語), Bahasa Orang Asli(オラン・アスリ語)
 ■ 字幕/華語(繁体文字)、英語、日本語

出演者プロフィール

[解説]盛田茂
東洋大学アジア文化研究所客員研究員。 専門はシンガポールの映画研究。著書に『シンガポールの光と影――この国の映画監督たち』(2015年、インターブックス)がある。

※新型コロナウイルスの感染状況によって、登壇が中止になる場合があります。あらかじめご了承ください。


[司会・解説]信田敏弘
国立民族学博物館グローバル現象研究部教授。 著書に『家族の人類学――マレーシア先住民の親族研究から助け合いの人類史へ』(2019年臨川書店)、『ドリアン王国探訪記――マレーシア先住民の生きる世界』(2013年臨川書店)などがある。

 
 

申込方法

・事前予約・定員制(先着順)での開催となります。
・受付期間 9月10日(木)9:00~10月8日(木)[定員になり次第受付終了]
・本人を含め2名まで
※解説時に手話通訳が必要な方は、9月18日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。

イベント予約サイトよりお申込み
 9月10日(木)9:00より受付開始
メール・電話でのお申込み

メール・電話でのお申込みも受け付けます。次の必要事項をお知らせください。

※ 9月10日(木)9:00より受付開始

 ① 件名に「10月10日みんぱく映画会」
 ② 参加人数
 ③ 氏名(漢字、フリガナ)
 ④ 電話番号
 ⑤ メールアドレス
 ⑥ 住所
 (③~⑥は参加者全員分)

【申込先】 千里文化財団イベント予約受付
 E-mail. yoyaku-event@minpaku.ac.jp
 Tel. 06-6877-8894( 9:00~16:00 土日祝を除く)

  • 定員に満たない場合は当日参加を受け付けますが、満席の場合はご入場できません。
  • 予約状況はイベント予約サイトでご確認ください。
  • 新型コロナウイルス感染症の予防のため、イベントを変更・中止する場合あります。
  • ご入館に際しては感染症対策にご協力ください。