国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

開館40周年記念特別展「太陽の塔からみんぱくへ― 70年万博収集資料」

国立民族学博物館が所蔵する、「日本万国博覧会世界民族資料調査収集団」(「万博資料収集団」)が1968年から1969年にかけて収集した世界の諸地域の標本資料、資料収集に関連した書簡や写真等の諸資料を展示、公開し、60年代後半から70年代にかけて世界が大きく動いていく状況のなかでの民族文化や地域社会の様相を、現地における収集活動の様子やコレクションから描き出します。

  • 会場:国立民族学博物館 特別展示館
  • 会期:2018年3月8日(木)~ 5月29日(火)
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:毎週水曜日(3月21日(水・祝)は開館、翌22日(木)は休館)
  • 主催:国立民族学博物館
  • 協力:朝日新聞社、大阪府、一般社団法人関西環境開発センター、京都新聞社、産経新聞社、一般社団法人千里文化財団、日本経済新聞社
  • 後援:毎日新聞社、読売新聞社
  • 観覧料:一般420円(350円)、高校・大学生250円(200円)、中学生以下無料
    ※本館展示もご覧になれます。
    ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、授業レポート等の作成を目的とする高校生、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。
    ※大学生は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程。
    ※自然文化園(有料区域)を通行される場合は、自然文化園各ゲート脇の券売機で当館(国立民族学博物館)の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。
    ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。
    ※毎週土曜日は、高校生は無料で観覧できます。ただし、自然文化園を通行される場合は、同園の入園料が別途必要です。
 
 
関連催しなどの詳細は、決まり次第随時本ホームページにてお知らせいたします。