国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

ネパールにおける教育の市場化と生活世界の変容―貧困層の親族・移動・暴力に着目して(2016-2018)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 安念真衣子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、現代ネパールにおいて、教育の市場化がどのように拡大し、それに伴って生活世界はいかに変容しつつあるかを、農村地域の貧困層の人びとの日常的実践から実証的に明らかにすることである。
ネパールでは近年教育熱の高まりが顕著である。「より良い教育」を目指して就学や就労のために農村部から都市部や海外へ移動する人びとが増加している。農村地域に生活の基盤を置く人びとの生の営みはどのように変化しつつあるのか。本研究では特に、親族ネットワークと生活基盤の変化による空間的な移動可能性、教育投資に伴う社会向上的な移動性、教育志向に付随する暴力的状況の関係に着目して、教育の市場化とそれに伴う生活世界の動態を総合的に考察する。
具体的には、①教育の市場化はいかなる現象か、②教育の市場化はいかに可能となっているか、③教育の市場化はどのような社会変化をもたらしたか、という三つの問いから明らかにする。

活動内容

2017年度実施計画

上述の目的を達成するため、1.教育の市場化はいかなる現象か、2.教育の市場化はいかに可能となっているか、3.教育の市場化はいかなる社会変化をもたらしたかという問いを立て、①教育の市場化の動態、②空間的移動を可能にする親族ネットワーク、③農村地域の生活基盤、④社会集団の再編、⑤教育投資と暴力的状況の相関に関する調査から、研究を遂行するものである。
研究二年目にあたる本年度は、初年度に引き続きフィールドワークを実施するとともに、蓄積した調査資料を分析し理論化することを目指す一年と位置づける。
具体的には、本年度は特に1および2の問いについて明らかにすることを目指す。そのため、二度の現地調査をおこなう予定である(平成29年8月~9月、平成30年2月~3月)。現地調査では、1について、都市部における調査を実施し、教育省や統計局において、調査内容①に関わる学校認可状況や認可基準、学校数の増減に関する資料収集をおこなう。また、2について、これまで調査を実施してきた農村地域をベースに、前年度に引き続き調査内容②、③に関わる、学校通学状況や教育費の支出状況、通学を理由とする移動の状況等のインタビュー調査を継続しておこなう。また、調査内容④、⑤に関して、参与観察とインタビューを中心に、教育イメージの形成と個人の開発プログラムへの参加状況の相関、教育投資の選択についての聞き取りをおこなう。
現地調査期以外については、文献調査(平成29年4月~7月)、渉猟した資料の翻訳・分析作業(平成29年10月~1月)をおこなう。これらを基にして、研究会において1および2に関わる報告をおこなう予定である。

2016年度活動報告

本研究の目的は、現代ネパールにおいて、教育の市場化がどのように拡大し、それに伴って生活世界はいかに変容しつつあるかを、農村地域の貧困層の人びとの日常的実践から実証的に明らかにすることである。ネパールでは近年、「より良い教育」を目指して就学や就労のために農村部から都市部や海外へ移動する人びとが増加している。農村地域に生活の基盤を置く人びとの生の営みはどのように変化しつつあるのか。本研究では特に、親族ネットワークと生活基盤の変化による空間的な移動可能性、教育投資に伴う社会向上的な移動性、教育志向に付随する暴力的状況の関係に着目して、教育の市場化とそれに伴う生活世界の動態を総合的に考察する。
この目的を達成するため、(1)教育の市場化の動態、(2)空間的移動を可能にする親族ネットワーク、(3)農村地域の生活基盤、(4)社会集団の再編、(5)教育投資と暴力的状況の相関に関する調査をおこなう。
研究初年度である本年度は、2017年2月から3月にかけて、カトマンズ盆地および近郊農村での現地調査を実施した。都市部では、ネパール私立・寄宿学校機構を訪問して同機構の設立や現体制についての資料を入手した。農村部では、学校選択と教育費についての聞き取り調査をおこなった。初等教育学校に通学する児童の母親(30代~40代女性)を対象に、彼女らと日常生活を共に過ごしながら子どもの学校選択と学費の捻出をどのようにおこなっているかを調査した。調査地域では、一昨年のネパール大地震の影響により、仮設住居での生活が続いているため、私立学校への通学は家の再建と併せて喫緊の課題とされており、学費の滞納のために翌年度から転校や退学が検討されている事例を確認した。また、アウトプット活動として、日本文化人類学会研究大会での口頭発表、学術誌『アジア教育研究報告』への投稿などをおこなった。