国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

デジタル時代に求められる映像人類学-新たな映像民族誌の創造に向けて(2016-2018)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 村尾静二

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の全体構想は、文化人類学において、デジタル時代に求められる映像人類学を新たに確立することにある。そのなかで、本研究は、映像民族誌(visual ethnography)に着目する。フィールドワークと民族誌の執筆を学問的アイデンティティとする文化人類学にとって、視聴覚情報を活かした映像による民族誌の研究は、日本では未開拓でありながら、重要な研究課題である。
本研究では、(1)映像民族誌の研究を先導する欧米の研究機関において実地調査を行い、(2)申請者自ら本格的な映像民族誌を創造することにより、(3)映像民族誌の創り方、それを研究に活用する方法に関する創造的な実践研究モデルを構築することにより、我が国の映像人類学、文化人類学の発展に資することを目的とする。

活動内容

◆ 2017年4月より転入

2017年度活動計画

(1)海外の研究機関における調査と学術交流
初年度に続き、欧米そして欧米の影響のもと新たな展開をみせるアジア、アフリカにおいて映像人類学、とりわけ、映像民族誌の制作実践と研究に積極的に取り組む研究機関を訪問し、資料収集、成果を調査する。また、欧米の研究機関で調査の際には、申請者の研究実績・映像民族誌の上映と意見交換を行い、本研究課題の解決に向けて積極的な学際的・人的交流を図る。
(2)本格的な映像民族誌の創造
映像民族誌の研究は、フィールドワークに基づく映像民族誌の制作と同時に進めるのが基本である。また、申請者自ら映像民族誌を制作してこそ、欧米の研究者と対等な学術関係を築くことが可能となる。したがって、本研究において、本格的な映像民族誌を制作することは研究成果に直結する重要な研究活動と位置付けている。申請者はインドネシアの民族文化を研究する文化人類学者、映像人類学者である。現在はバリを代表する伝統芸能である影絵人形芝居ワヤン・クリについて、映像人類学の手法を用いて研究を進めている。このような前提を踏まえ、本研究では、バリ島にて新たに本格的な映像民族誌を制作する。内容は、バリ島内陸部のギャニャール県テガララン村を代表するワヤン・クリの演者であるワヤン・デレス氏(82 歳)の宗教儀礼における上演と生活世界から構成し、名高い演者の晩年を文化人類学の視点から捉える。申請者はワヤン・デレス氏と長年の親交があり、協力の承諾はすでに得ている。
なお、本作品には、バリの芸能や美術など芸術的要素が多く含まれるために、バリ美術に造詣が深い伊藤俊治氏(東京芸術大学美術学部先端芸術表現科教授)を研究協力者として、適宜協力して映像民族誌を完成する。