国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

中東地域における民衆文化の資源化と公共的コミュニケーション空間の再グローバル化(2016-2020)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(B) 代表者 西尾哲夫

研究プロジェクト一覧

目的・内容

「アラブの春」を主導した新興の都市部中流層が用いた「中間アラビア語」と呼ばれる新生の共通アラビア語は、新たなコミュニケーション空間を創出した。この空間では差異化された社会的アイデンティティ獲得をめぐり、グローバルな動向に感応する社会運動の場が確立しつつある。
本研究では、民衆、大衆、地域住民という概念の再構築を通じて彼らがグローバル化されたコミュニケーション空間に感応している状況を具体的に分析することによって、「中間アラビア語」が創出した公共的コミュニケーション空間において民衆文化が資源化されて公共性を獲得するプロセス、および個人が生きるローカルな生活空間とグローバルな社会空間が接合し、個々の人間の社会的動員作用として働くメカニズムを解明する。

活動内容

2017年度実施計画

平成28年度に得られた結果を基にして、以下の具体的分析を行う。
(1)「中間アラビア語」による社会空間を接合する言語社会的位相の現代的動態: ①先発的なグローバル・コミュニケーション空間の言語社会的位相の分析として、世俗化と地域化が進行した17~18世紀の中間アラビア語の文献調査及び中間アラビア語による民衆文学に関する書誌的調査を継続して行う(エジプト)。②新生の共通アラビア語である「中間アラビア語」の現代的動態の分析として、カイロの都市部中流層の共通アラビア語の調査を継続して行う(エジプト)。20世紀以降のマスメディア登場による新生共通アラビア語による大衆文学に関する書誌的調査を継続して行う。(以上、西尾・中道〔研究協力者〕担当)
(2)「中間アラビア語」によって創発した公共的コミュニケーション空間が、グローバルな情報ネットワークに感応する社会空間として機能する社会動員的位相の現代的動態: ①公共的コミュニケーション空間における公共文化の創発プロセスの分析として、グローバル資源化した世俗文化として移入された空手が都市部中流層のあいだで公共文化として変容する状況を継続して調査する(エジプト・相島担当)。フランスの植民地政策での民衆概念の資料調査を行う(フランス・齋藤担当)。②公共的コミュニケーション空間における外縁と非境界的動員作用の分析として、グローバルな問題に感応して公共的コミュニケーション空間変容の外部要因として働く事例として、地球規模で拡大するイスラモフォビア現象に対抗する広報活動的な社会運動に関する文献学的情報収集ならびに参与調査を継続する(エジプト・相島担当)。アラブ世界の公共的コミュニケーション空間の比較として、国民国家的統合性の高い公共的社会空間を構築してきたイランでの事例分析として、マッダーフ(宗教的哀悼歌手)とよばれる伝統文化の国家的儀礼への変容を継続して分析する(イラン・椿原担当)。
研究会を開催し研究情報を共有し計画全体に関して検討する。成果を取りまとめ学会発表や論文執筆を行う。
尚、中東情勢が流動的なために安全を考慮して上記の計画を変更することもある。

2016年度活動報告

本研究ではグローバル化と中東地域の民衆文化に関する以下の研究項目を実施した。
1 「中間アラビア語」による社会空間を接合する言語社会的位相に関しては、(1)先発的グローバル・コミュニケーション空間の言語社会的位相の分析として、中間アラビア語の文献調査によってケンブリッジ大学図書館所蔵の中間アラビア語民話写本を発見し分析をした。(2)新生共通アラビア語の現代的動態の分析として、カイロの都市部中流層の共通アラビア語の調査ならびに20世紀以降のマスメディア登場による新生共通アラビア語の大衆文学の調査によって、エジプトを代表する歌手ウンム・クルスームの英訳全歌詞集を刊行した。また中東世界の民衆音楽の現代的動態に関する研究論文集を刊行した。
2 公共的コミュニケーション空間がグローバルな情報ネットワークに感応する社会空間として機能する社会動員的位相に関しては、(1)公共文化の創発プロセスの分析として、グローバル資源化した世俗文化としてエジプトに移入された空手がフランスの移民の間で公共性を獲得している状況を調査した。民衆/大衆という分析概念に関する文献学的情報収集による再検討として、フランスと日本の文化人類学における当該概念の異同について調査し国際学会で発表した。(2)グローバルな問題に感応して公共的コミュニケーション空間変容の外部要因として働く事例分析として、国民国家的統合性の高い公共的社会空間を構築してきたマッダーフ(宗教的哀悼歌手)の変容についてイランとアメリカ移民社会の比較調査をした。
研究成果の国際発信に関して特筆すべきこととして、現代中東地域研究事業との共催でグローバルな知識の環流という観点から現代中東世界における日本文化をテーマとした国際ワークショップ及び、フランス社会科学高等研究院との学術協定に基づいてパリで中東世界の民衆文化をテーマとした国際シンポジウムを開催した。