国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

モンゴルに関する画像記録を用いた地域像の再構築(2017-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(A) 代表者 小長谷有紀

研究プロジェクト一覧

目的・内容

中央アジアおよびチベット・モンゴルを含む内陸アジアに向けて、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパやロシアからキリスト教宣教師や学術調査隊など多様なエクスペディションが実施された。これらのエクスペディションは、一般向け旅行記とは別に、学術的価値をもつ膨大な資料を残しており、現在もなお各国で資料整理が進められている。
本研究は、こうした整理にあたっている各国の研究者たちとともに国際共同研究のためのプラットフォームを構築し、これまでエクスペディション資料に関して、言語別、目的別、分野別に整理されてきた分断的状況を統合したうえで、モンゴルに関する画像記録に焦点を絞り、資料横断的に主題別に分析する。これにより、まずプレ社会主義期を可視化し、これまでの地域像の源泉である社会主義期およびポスト社会主義期に加えて、プレ社会主義期からポスト移行期を迎えた現在までの統合的な地域像を再構築する。

活動内容

2019年度実施計画

まず、日本モンゴル学会春季例会の日程に合わせて、国内メンバーで打ち合わせを行い、昨年度のロシアにおける国際研究集会の成果を共有した上で、本年度の国際研究集会の場所および日程について確定する。当初予定ではロシアで会合する予定であったが、その重要性に鑑みて昨年度ロシアで実施したことから、本年度の国際研究集会の場所については有効に機能するよう十分に検討したい。また、昨年度に一新したHPを実際に利用しながら、デジタル情報資源の分析ツールとして使用し、今後の画像提供の具体的な方法について議論する。とりわけ本年度は、地図や年表などHPにおけるガイダンス面での充実を計る。
つぎに、国際モンゴル学会(春はブダペスト、秋はソウル)において、本プロジェクトの途中経過としてHPを用いて紹介し、その効用を実感してもらいながら、ヨーロッパおよびアジアの国際協力関係をさらに拡充する。今年度はとくに、フランス、ドイツ、イギリスにおいて写真整理に当たっている研究者たちの協力を仰ぎ、資料のデジタル化を促すとともに、それらの人々と国際的な共同利用・共同研究体制を強化する。また、中国および台湾との国際協力についても模索する。
なお、こうした研究ネットワークを大いに活用して、"Handbook of Expeditions in Eurasia 1860-1940" (探検家およそ60人、執筆者およそ50人、全1000ページ、英文)の編集準備を開始する(刊行は2021年7月予定)。当該事典はユーラシア探検家の総合読本であり、必ずしも写真の有無にはこだわならずに編集することとなるが、本研究のバイプロダクトとして国際的な研究成果となるであろう。一方、写真そのものの具体的な分析については、まず、国際研究集会においてタグ付けに関して重点的に比較検討し、今後の指針として共有する。また、日本モンゴル学会秋季例会の日程に合わせて、国内メンバーで分析結果を持ち寄る。
さらに、スウェーデン国教会の宣教師エリクソンによる民族誌写真については、別途研究を推進している都馬バイカル教授(桜美林大学)の国際シンポジウムおよび展示(2020年秋予定)に向けて協力する。

2018年度活動報告

19世紀から20世紀初頭におけるモンゴルへのエクスペディション資料とりわけ画像コレクションについて、各国で整理にあたっている研究者たちと、国際共同研究を推進するための体制をさらに整備し、具体的な写真コンテンツの分析を開始した。
まず、日本モンゴル学会の日程に合わせて打ち合わせを行い、最大の資料保有機関が集中するサンクトペテルブルグで国際ワークショップを開催することに決め、同ワークショップを12月にコズロフ博物館で開催した。同ワークショップでは、写真1点ずつに対してタグ付け作業を行なった事例をもとに、タグ付け方針をチーム全体で共有することができた。また、コズロフが地理学者として自然環境に関する写真が大量に保管されていることを受けて、植生の長期的な変化を写真から読み解く試みを提示し、今後、別途、プロジェクトを形成することとなった。さらに、写真の撮影技術史という観点から写真内容を検討した結果、それぞれの写真コレクションは、撮影者の意図に加えて、当時のカメラの技術的特徴が反映されていることを具体的に了解することができた。
同ワークショップに先立ち、スウェーデンにおいて現地調査を行い、スウェン・ヘディン学術調査隊ならびにスウェーデン国教会の宣教師エリクソンの記録写真について、整理にあたっているアーキビストたちとの共同研究体制を構築した。とくにミッショナリーは長期滞在型であるため、その記録は民族誌に他ならない。これについては別途動いている限定的テーマのプロジェクトとの協業の成果でもある。また、蒋介石とともにモンゴル貴族が亡命した台湾には資料が運ばれたため、アジアにおけるモンゴル研究中心の一つであり、写真資料について調査したところ、蒙蔵委員会の廃止とともにかなり失われていることが判明した。
2年目として、初年度に作成したHPについて、検討結果を受けて大幅に刷新し、情報を大いに充実した。