国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

個別文化の標準化問題に関する文化人類学と会計学の学際的共同研究(2017-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|挑戦的研究(開拓) 代表者 出口正之

研究プロジェクト一覧

目的・内容

現代社会は、世界標準的なモノサシによって評価や監査を行うことが蔓延してきている。この問題に対して会計学者のMichael Powerは「認定の儀礼」(國部克彦・堀口真司の邦訳では「検証の儀式化」)という副題をわざわざ入れて『監査社会』を著し、それを受けた形で文化人類学者のMarilyn Strathernが『監査文化』を世に問い「監査」をめぐる課題が会計学・文化人類学にとってグローバル化を挟んで共通する大きなテーマであることが明示された。しかし、両学問の壁は大きく、その壁を取り除くことはできていない。そこで、本研究は普遍化と個別化の問題が顕著に出ている「非営利法人の複数の会計基準の標準化問題」の研究を契機として、文化人類学者と会計学者の知見を融合させ、評価・監査を重視する現代社会の「個別文化の標準化問題」を研究しうる新しい知を創出することを目的とする。

活動内容

2018年度活動計画

1.【前提の確認及び手法の認識】
文化人類学者と会計学者が学問を融合するに当たっての検討すべき課題を領域設定総合化法で明らかにしていく。とりわけ、昨年度の研究で明らかになった「Bセントリズム」(ビジネスセントリズム=企業中心的思考)の概念の精緻化を行う(4月―8月)。文化人類学者と会計学者の学者が相互に学問領域を跨ぎながら学会に出席する(6月、9月)。また、トランスフォーマティブ・リサーチとしての融合を推し進める上で「知の構造化」の手法の有効性についても検討を加える(5月)。
2.【理念的フィールドにおける研究活動】
本研究プロジェクトでは、空間的概念から「政策」などのフィールドを「理念的フィールド」としているが、本年度は公益法人(チャリティ)政策などの非営利政策、会計の標準化政策とともに、休眠預金活用に係わる政策(海外の文化である社会的インパクト評価を前面に適用して、非営利法人や社会的企業に休眠預金の資金を活用しようとするもの)が現実に動いているので、これらを含めて「理念的フィールド」として取り上げる(5月、6月、10月―3月)。
3.【空間的フィールドにおける研究活動】
国内での準備会合を実施(5-10月)、11月に研究協力者(文化人類学者)のフィールド現場であるニューヨークの自然史博物館(非営利組織)に竹沢を除くメンバーが訪れ、会計学者から見た文化人類学的方法論の限界や新展開の可能性を明らかにする。
4.【研究成果発表】
昨年度の成果のうち、International Society for Third Sector Researchにおいて出口は研究発表を行うとともに尾上が同学会に参加して国際的な研究動向を探る(オランダ、アムステルダム。7月)。
5.【その他】
竹沢はフランスでの招聘研究の予定で1月帰国予定。本研究のエフォートは減少するもののインターネットを駆使して、研究を継続する。

2017年度活動報告

1年目から思った以上の業績を発表し、また、反響を得ることができた。本研究は挑戦的萌芽研究(2015-2016)の後継研究であり、決定時期が夏場で1年間の期間はなかったものの想定以上のスタートが切れた。ジンバブエのハイパー・インフレーションを研究していた人類学者と公益法人会計を研究していた会計学者に研究協力者として加わってもらった。その結果、人類学者が持ち帰っていた何気ない新聞に記載されていた「未監査」の状態の決算報告書が、ジンバブエも「国際財務会計基準」に従っているはずだという認識の会計学者の常識を打ち破る重要標本であることを「発見」することができた。従来、接点がないと思われていた両学問だけにその遭遇だけで思わぬ効果が生まれたのである。
実績も順調で英国の会計学者と研究代表者による国際共著論文1本をはじめ、重要なジャーナルに論文が掲載されたほか、歴史ある「日本会計研究学会」で、会計学者と文化人類学者からなる共著論文を発表することができた。「日本会計研究学会」で文化人類学者が発表したのは初めてのことと理解している。
また、会計学の研究分担者は、MBA(ビジネス修士号)の授業において、ジンバブエの人類学者の研究やインドネシアのトーライ人貝貨貨幣についての人類学の研究を早速授業に取り入れた。また、非営利の会計を考えるときに、マジョリティである企業を前提にする見方が人類学者からはエスノセントリズムと同様の思考形態にあることがわかり、現代社会の企業中心の見方を「企業中心主義的思考」=「ビジネスセントリズム」として捉えることとした。
トランスフォーマティブ・リサーチの1つとして、研究を実施し始めたが、グローバル化を挟んで対極にあってほとんど接点のなかった両学問が出会うことでこの ような効果が出てきたことに驚いている。