国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

個別文化の標準化問題に関する文化人類学と会計学の学際的共同研究(2017-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|挑戦的研究(開拓) 代表者 出口正之

研究プロジェクト一覧

目的・内容

現代社会は、世界標準的なモノサシによって評価や監査を行うことが蔓延してきている。この問題に対して会計学者のMichael Power は「認定の儀礼」(國部克彦・堀口真司の邦訳では「検証の儀式化」)という副題をわざわざ入れて『監査社会』を著し、また、それを受けた形で文化人類学者のMarilyn Strathern が『監査文化』を世に問い、「監査」を巡る課題が会計学・文化人類学にとってグローバル化を挟んで共通する大きなテーマであることが明示された。しかし、両学問の壁は大きく、両学問の壁を取り払うことはできていない。そこで、本研究は普遍化と個別化の問題が顕著に出ている「非営利法人の複数の会計基準の標準化問題」の研究を契機として、文化人類学者と会計学者の知見を融合させ、評価・監査を重視する現代社会の「個別文化の標準化問題」を研究しうる新しい知を創出することを目的とする。

活動内容

2017年度活動計画
  1. 【前提の確認】文化人類学者と会計学者が学問を融合するにあたって、検討すべき課題を明らかにする。まず、日本文化人類学会倫理綱領、米国文化人類学会の倫理綱領、さらに日本会計学会研究倫理綱領を検討して両学問の学融合を可能とする諸条件を明らかにする。なお、American Accounting Association(米国会計学会)に倫理綱領はないが、Professionalism and Ethics Committee が存在し、その役割については共有する。学会での発表方法、論文の投稿方法、「新しい知」としての研究成果の発表方法を検討する(7―10月)。
  2. 【手法の認識】トランスフォーマティブ研究、領域設定総合化法の方法論を共有化する(7-8月)。WEBやSNSを活用した共同研究環境を整備する(7-9月)。相互の学会に参加し、両学問の規範を共有する(広島大学での会計研究学会9月、神戸学院大学での非営利法人研究学会9月、ジャカルタでのISTRアジア太平洋地区大会12月)。
  3. 【理念的フィールド】空間的概念から解き放たれた「政策」などの「フィールド」を「理念的フィールド」と呼び、本年度は「理念的フィールド」での調査を中心とする。「現金主義から発生主義への進化」といった主張が飛び交う会計学者が議論する日本の非営利法人の会計基準の研究会の議論に参加する(7-2月)。
  4. 【空間的フィールド】翌年の「空間的フィールド」での調査に関する検討を実施する(1-3月)。