国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

京都市東九条における日本人・在日コリアン・フィリピン人の関係形成についての人類学(2017-2020)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 永田貴聖

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、「トランスナショナリズム(Transnationalism)」を含む従来の移民研究における分析視点を補い、移民が出身先の家族や友人と関係を継続することや、出自の国家・民族を基盤として関係する側面だけでなく、移住先において、状況に応じて、移住先社会のマジョリティや他の移民と関係を構築することを明らかにする。具体的には、京都市・東九条地域において日本人、在日コリアン、さらにフィリピン人移住者が関係を構築する過程を焦点とする。これらの動向に注目することは、日本国内における、日本人と複数の出自の海外移住者が関係を形成する研究の前進となる。また、海外のフィリピン人移住者研究、在外コリアン研究にも発信し、フィリピン人移民、在外コリアンそれぞれが同胞以外の人びとと関係する過程に注目するという新しい視点を導入する。

活動内容

2017年度活動計画

当該年度、本研究では、京都市・東九条地域を集住地域とする在日コリアン、日本人、フィリピン人移住者の関係に焦点を当て、研究計画調書において示した3つの過程のうち1つを重点的に明らかにする。(1)多文化交流 サロンに集まるフィリピン人たちの同施設内での活動と地域の人びとと関係する過程である。
特に、当該地域におけるフィリピン人グループや集まる個人たちを対象の中心とし、「東九条マダン」、フィリピン人信徒KYOTO NANBUグループなどと関わる日本人、在日コリアンも調査の視野に入れることとする。調査はフィールドワークと参与観察、社会関係構築過程を理解するためのインタビューなどを活用し、実施する。
そして、調査で得られた情報の一部は京都市・東九条地域にも還元する。調査については、主に研究代表者が行う。但し、いくつかの参与観察についてはベル裕紀氏を研究協力者として協働して実施する。さらに、「東九条地域研究会」を実施する。研究会では、京都市・東九条地域を専門としている社会学者である山口健一氏(福山市立大学教員)、山本崇記氏(静岡大学教員)を招聘し、フィールドデータを民族誌とするため、助言をうける機会とする。行程は次のとおりである。
4月(多文化交流サロンなど関係グループと調査実施過程、注意事項などの打ち合わせ、多文化交流サロン春まつりへの参与観察)、5~12月(多文化交流サロンでのフィリピン人が参加する企画での参与観察)、8月(多文化交流サロン夏まつりへの参与観察)、7~12月(11月上旬に開催予定である東九条マダンの実行委員会活動合計8回への参与観察)、12月(クリスマス前後の活動KYOTO NANBUグループ参与観察、多文化交流サロンに関する中間報告を日本移民学会の冬季大会において報告)、1月(多文化交流サロン、フィリピン人活動参加主要メンバーにインタビュー調査)、2月(多文化交流サロン所長M氏、職員U氏へのインタビュー調査)、3月(データの整理、多文化交流サロン・ニュースレターにてフィリピン人利用者の活動紹介、東九条地域関係研究会を開催し、多文化交流サロンに関して報告)