国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

三線が引き出す社会関係、価値、感情――大衆楽器が人びとに与える効果の研究(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 栗山新也

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、沖縄や沖縄の移民・出稼ぎ地で継承されてきた三線が、人びとに対してどのような効果を与えてきたのか明らかにすることを目的とする。具体的には、三線がどのような社会関係を媒介してきたのか、またどのような価値や感情を引き出してきたのか明らかにする。そのために、①ハワイの沖縄系移民の子孫が所有する三線の調査、②関西(大阪・兵庫)、関東(東京・神奈川)の沖縄出身者が所有する三線の調査、③沖縄の古典音楽・民謡(沖縄本島・八重山)の師匠が所有する三線の調査、を実施する。

活動内容

2019年度実施計画

大阪市、尼崎市を中心とする関西、及び東京都や川崎市、横浜市鶴見区などを中心とする関東は、戦前の沖縄からの出稼ぎが集中した地域である。本年度は、出稼ぎの移動に伴って移動した三線が、人びとに対してどのような効果を与えてきたのか明らかにするため、当該地域の沖縄出身者の子孫(二世、三世…)が所有する三線を調査し、「3観点」から分析する。調査方法には聞き取り調査を用いる。
調査方法2-1:聞き取り調査(調査地:大阪府大阪市、兵庫県尼崎市)
ハワイと同様に、関西・関東地域でも、現在沖縄の古典音楽や民謡を継承している師匠や弟子、または演奏活動には参加していない者が貴重な三線を所有している場合がある。本調査では、こうした三線の所有者すべてを対象とし、現在所有している三線の様態を記録するとともに、所有者への聞き取り調査を通じて以下の五点を明らかにする。所有している(あるいはかつてしていた)三線の①由緒・来歴、②継承してきた人びとの系譜、③入手経路、④現在の所有者(あるいは以前の所有者)の三線に対する価値基準、⑤現在の所有者(あるいは以前の所有者)の三線への思い入れや愛着。
【調査対象者】
(1)大阪市、尼崎市、東京都、川崎市、横浜市鶴見区在住の沖縄の古典音楽・民謡の師匠・弟子(15 名程度)(2)大阪市、尼崎市、東京都、川崎市、横浜市鶴見区在住の三線の所有者(非演奏者、10名程度)

2018年度活動報告

本年度はの目的は、関西(大阪・兵庫)、関東(東京・神奈川)の沖縄出身者が所有する三線の調査を行うことだった。
大阪市、尼崎市を中心とする関西、及び東京都や川崎市、横浜市鶴見区などを中心とする関東は、戦前の沖縄からの出稼ぎが集中した地域である。本年度は、出稼ぎの移動に伴って移動した三線が、人びとに対してどのような効果を与えてきたのか明らかにするため、当該地域の沖縄出身者の子孫(二世、三世…)が所有する三線を調査した。
具体的には関東などで調査を行い。師匠が所持する三線について調査し、ア)三線がいかなる人間関係を媒介してきたのか、イ)三線がいかなる価値を喚起してきたのか、ウ)三線がいかなる感情を喚起してきたのかの三点を明らかにした。また三線に関するする文献資料についても収集し分析を進めた。