国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

アンデスにおける聖人信仰の展開に関する人類学的研究-聖像の所有と継承に注目して(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 八木百合子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、聖像の所有と継承に焦点をあて、アンデス地域における聖人信仰の展開について人類学的に追究するものである。その際、一般の人々が所有する聖像に着目し、それをめぐる人々の多様な実践を捉えることで、教会や宣教師の活動に力点をおく従来の見方を越え、新たな視点から現代のアンデス地域における聖人信仰の発展のメカニズムを明らかにすることを目的とする。
具体的には、聖像がどのような出来事を契機に所有され、それがいかに取扱われ、その後いかなる人々の手を介して受け継がれていくのかという一連のプロセスとそこに関わる人々の諸関係について現地調査を通じて明らかにしていく。

活動内容

2019年度実施計画

平成31年度は、これまでの調査結果も参照しつつ、聖像を中心にいかなる関係が構築されているのか、モノを通じた信仰のネットワークを明らかにすることを目的に年度の前半に現地調査を行う。それらを踏まえ、アンデス地域における聖人信仰の展開におけるモノ(聖像)の役割について検討を行う。
現地調査では、聖像の購入者と所有者、さらにそれを譲り受けた人といったような、聖像を媒介にして築かれた関係をたどり、当事者への聞き取りや記録をもとに、その関係性の広がりや深度などを調べ、モノを介して展開されるネットワークの特徴を明らかにする。その上で、それが教会を中心とする従来の実践の枠組みを超えていかに展開しているのかを解明する。
また本年度は、日本文化人類学会において分科会を開催するほか、これまでの研究成果をまとめた論文の投稿も行う。

2018年度活動報告

本年度は、聖像の継承プロセスの解明を目的に、前年に続きペルー南部のクスコ市において調査をおこなった。調査にあたっては、同地域の住民の多くが所有し、幾世代にもわたって継承がおこなわれている幼子イエスの聖像(ニーニョ像)に焦点をあてた。この聖像の場合、とくに12月~1月の時期に各家庭に飾られるため、この時期に複数の世帯を対象に聞き取り調査を実施し、集中的にデータ収集をおこなった。調査においては、個々の聖像の来歴のほか、その継承がいかにしておこなわれてきたのか、それらを実践する人びとのあいだにどのような関係がみられるかについて明らかにすることに主眼をおいた。
これらの調査で得られたデータの分析からは、聖像の継承にかかわる複数のパターンを抽出することができた。主に親族を通じた垂直的な継承や知人を介しておこなわれる水平的な継承のほかに、この地域に伝わる特有の継承方法も明らかになった。聞取りを進めるなかで、この継承は、ニーニョ像のみにみられるものである点も判明した。また、この継承がおこなわれる背景には、譲渡者の親族や社会関係のあり方にかかわる問題だけでなく、同地域における宗教の動向が関連している可能性が浮かび上がってきた。
上記の研究成果に関して本年度は、日本ラテンアメリカ学会の定期大会およびスペイン・サラマンカ大学で開催された国際アメリカニスト会議、国立民族学博物館共同研究において報告をおこなったほか、研究誌等にも日本語およびスペイン語で論文を発表した。

2017年度活動報告

本年度は聖像の所有状況および入手方法の把握を目的に、ペルーにおいて現地調査を実施した。10月にはリマ市にある聖具店街で、12月にはクスコ市で開催さ れる聖像販売市でそれぞれ調査をおこなった。これらの調査から、人びとの聖像所有の経緯のほか、所有者と購入者の関係性について明らかにすることができ た。とくに後者の点からは、聖像の継承にも関わる重要な問題が浮かび上がった。

また、本研究にかかる成果の一部を、日本ラテンアメリカ学会の定期大会およびスペイン・サラマンカ大学で開催されたラテンアメリカ・カリブ社会科学学会 (FLACSO)研究大会において報告した。さらに本年度は、「モノをとおしてみる現代の宗教的世界の諸相」と題する共同研究を立ち上げ、人類学・宗教・美術・ 芸術など隣接分野の研究者を交えた学際的な研究活動を開始した。初年度の共同研究会においては、上記調査結果をふまえ、ペルーにおける聖像の所有と継承に 関する研究を発表したほか、数名の共同研究員とともに「宗教とモノ」に関する現代事情を機関誌の特集記事として報告した。