国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

アンデスにおける聖人信仰の展開に関する人類学的研究-聖像の所有と継承に注目して(2017-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 八木百合子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、聖像の所有と継承に焦点をあて、アンデス地域における聖人信仰の展開について人類学的に追究するものである。その際、一般の人々が所有する聖像に着目し、それをめぐる人々の多様な実践を捉えることで、教会や宣教師の活動に力点をおく従来の見方を越え、新たな視点から現代のアンデス地域における聖人信仰の発展のメカニズムを明らかにすることを目的とする。
 具体的には、聖像がどのような出来事を契機に所有され、それがいかに取扱われ、その後いかなる人々の手を介して受け継がれていくのかという一連のプロセスとそこに関わる人々の諸関係について現地調査を通じて明らかにしていく。

活動内容

2017年度活動計画

平成29年度前半は文献研究を中心に、モノと人との関係や宗教的なモノの継承に関する問題の整理を行う。これをふまえ、年度後半にはペルーで現地調査を実施する。
現地調査では、人々の聖像所有に関する実態解明を目的に、ペルーの首都リマおよびクスコ市において調査を実施する。リマでは聖像の販売店が集中する地区を中心に繁盛期にあたる10-11月にかけて、クスコでは年末12月に開催される「聖像販売市」に重点を置いて調査を行う。とくに各地から訪れる来店客を中心に聞き取り調査を重ね、聖像がいかなる契機で、誰が誰のために購入しているのか、その関係性を明らかにしつつ、聖像所有に至る実情を明らかにする。
また本年度は、7月にスペイン・サラマンカ大学で開催されるラテンアメリカ社会科学研究所(FLACSO)の研究大会および、セルビアで開催されるラテンアメリカ・カリブ海研究国際連盟(FEIALC)の研究大会において、本課題にかかる研究についての報告を行う。