国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

エジプト人空手家によるネイションの実践とグローバル化に関する社会人類学的研究(2017-2020)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究(B) 代表者 相島葉月

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、現代中東におけるグローバル化の広がりと民衆的ナショナリズムの興隆の接点を社会人類学的アプローチによって探求することにある。エジプトで2011年に起こった1月25日革命は民主主義に基づいた国家政治の実現を掲げ、人権保護、教育や雇用などの制度をグローバルな水準に引き上げることを目指した社会運動であった。一方、2013年に軍事政権の再樹立を成し遂げたクーデターは、国際的批判を受けたものの、民衆的ナショナリズムに後押しされ、「6月30日革命」と呼ばれるに至った。二度の革命を経ても生活水準の向上が見られないエジプト社会において、都市中流層が抱くグローバル社会や海外移住への憧れとエジプト国民としての誇りの相関性を空手家コミュニティ(指導員・競技者・父兄)の事例より考察することで、制度的な政治にとらわれない日常的なナショナリズムの展開の様相を解明する。

活動内容

2019年度実施計画

空手実践におけるグローバルな潮流とナショナルな境界の接点を探求する。平成31年度は海外調査をエジプトのみとする。
1)カイロに6週間滞在し、以下の調査と資料収集を実施する。空手教室や競技会にてネイションの境界が想起される場面や会話に注視して参与観察を行う。空手家コミュニティ(指導者・選手・父兄)にて、グローバル社会におけるエジプトの空手道の位置づけや特徴についての聞き取り調査を実施する。エジプトのメディアにおける空手道の表象について分析するために、空手を扱った映画に加え、空手道に関する特集記事や試合結果などを報じたエジプトの新聞や雑誌のバックナンバーを収集する。
2)日本文化人類学会や日本中東学会の年次大会にて成果発表を行う。
3)単著の執筆を進める。
4)国立民族学博物館の一般向けの講演会や広報誌『月刊みんぱく』などに記事を投稿し、研究成果を社会還元
していく。

2018年度活動報告

本研究課題の目的は、現代中東におけるグローバル化の広がりと民衆的ナショナリズムの興隆の接点を、エジプトの空手家コミュニティに関する民族誌的調査より考察することにある。日常生活におけるナショナリズムの展開やナショナルな境界の揺らぎを、空手教室での参与観察を通じて分析する。ネイションを束ねる指標の一つであるスポーツ実践に着目することで、個人の主体性と社会の関係性の解明を目指している。
 8月30日から9月1日まで那覇市に滞在し、空手道場や沖縄空手会館を訪問し、聞き取り調査を実施した。空手の発祥地オキナワを目指して海外から訪れる外国人空手家も、沖縄の空手家も、同じ芸道を志す者同士でありながら、異文化の人として出会う様子が伺えた。
 10月22日から11月21日までカイロにて隣地調査を実施した。平成30年2月にエジプトを訪れた際に、エジプト伝統空手道協会の会長が死去し、葬儀に立ち会ったため、協会組織の再編成が空手家コミュニティに与えた影響が気になっていた。亡き会長は「ライフスタイルとしての空手道」をスローガンとして掲げ、成人であっても道着を着用し、稽古を継続することの重要性を弟子たちに説いた。子供向けのクラスは順調に生徒数を伸ばし、盛況な雰囲気であるのに対し、中高生や成人向けのクラスは閑散としていた。国内外から空手の指導者を招いた、特別講習会が頻繁に開催されていることから、日常的な稽古に力が入ってないような印象を受けた。講習会の企画者は、カリスマ的な会長が亡き後、新しいリーダーを中心に、協会組織をまとめるようにつとめていた。選手層は、他のアラブ諸国からの空手指導者との交流よりも、言葉が通じるエジプト人の指導者との日常的な稽古を欲しているように見えた。いずれにしろ「ライフスタイルとしての空手道」から、再び、試合中心の稽古に戻りつつある。

2017年度活動報告

本研究課題の目的は、現代中東におけるグローバル化の広がりと民衆的ナショナリズムの興隆の接点を、社会人類学的な視座より探求することにある。都市中流層が抱くグローバル社会や海外移住への憧れとエジプト国民としての誇りの関係性を空手家コミュニティ(指導者・競技者・父兄)の事例より考察する。制度的な政治にとらわれない日常生活におけるナショナリズムの展開の様相を参与観察を通じて分析することで、グローバルな潮流とネイションの境界の接点およびスポーツ実践における個と社会の関係性の解明を目指している。
平成29年度は、2月にフランスとエジプトで3週間程度の臨地調査を実施した。1970年代よりパリ在住の日本人空手家と面会し、フランスにおける空手道の歴史や空手家コミュニティの現状に関するインタビューを行った。中東・北アフリカからの移民を多数受け入れていることを反映して、空手教室にもアラブ系の子供が多く、熱心に稽古を行っていることが確認できた。カイロでは空手教室での参与観察に加え、エジプト伝統空手道協会会長の葬儀に参列して聞き取り調査を実施した。
今年度は昨年度まで行った研究課題の成果発表を行う機会に多く恵まれた。日本発祥の格闘技に関する研究会(5月3日、バース)とアメリカ人類学会の格闘技に関する企画セッション(12月2日、ワシントンDC)に加えて、研究代表者が企画した文化のグローバル化に関するワークショップ(2月10日、パリ)で研究発表を行った。11月10日にはオクスフォード大学セントアントニーズカレッジにおいて、エジプトの都市中流層にとって空手実践はグローバル社会の潮流にのる試みであるという趣旨の招待講演を行った。