国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

教育資源・観光資源としての地域文化遺産の活用と保存(2018-2020)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(B) 代表者 日高真吾

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、昨今、大きな研究テーマとなっている地域文化遺産について、教育資源や観光資源として、適切に活用し、保存するための方法論を明らかにすることを目的とし、博物館学、保存科学、民俗学、教育学、観光資源学の観点から研究を進めるものである。
具体的には、地域文化遺産の一つである学校所在の民俗資料を対象に2つの着眼点から研究を展開する。一つは研究対象とする学校所在の民俗資料が、その地域で適切に活用され、保存される活動プログラムを構築する。もう一つは、地域文化遺産の活用がその地域のみに限らず、観光などを通して地域を訪れた人びとが、その地域の文化に触れ合うことのできる観光資源としての活用方法を検証する。そして、これらの研究成果から、地域文化遺産の教育活用、観光活用の可能性を明らかにし、これらの活用に耐えうる保存方法の開発に取り組む。

活動内容

2019年度実施計画

2019年度は、まず2018年度に製作した村上市の奥三面パックと枚方市の鋳物パックの2つの教育パックの本格運用と改善点の洗い出しを実施する。具体的には両市の教育委員会が主催する校長会での教育パックの説明と夏休みの教員向け研修会において、教育パックの紹介をおこない、積極的に意見交換の場を設け、教育パックの改善点の洗い出しをおこなう。さらに、博物館に隣接する小学校を最初のフィールドとして教育パックを使用することを提案し、ここでの運用実績と改修をもってそれぞれの教育パックの完成を目指す。また、2019年度は宮城県気仙沼市の魚食教育に関する教育パックと京都市左京区久多の山村のくらしをテーマとした教育パックの製作に着手し、2020年度の本格運用を目指す。
地域文化遺産の活用については、枚方市内の学校所在の民具について保存状況を確認するとともに、より効果的な活用を目指した展示方法について枚方市教育委員会と意見交換をおこなう。また、旧月立中学校、旧茎太小学校の環境調査を実施し、よりよい保存環境と活用プランについて提案する。
いずれの研究活動においても地元の教育委員会との連携を強く意識し、地域自身による運用体制の構築に努める。
上記内容について、日本民具学会、文化財保存修復学会、日本展示学会等、関連する学会で発表するとともに、各協力機関が所在する地域でも積極的に成果公開をおこなう。このことによって、学術的な議論を鍛え上げつつ、地域への研究成果の還元を達成する。

2018年度活動報告

本研究は、昨今、大きな研究テーマとなっている地域文化遺産について、教育資源や観光資源として、適切に活用し、保存するための方法論を明らかにすることを目的とし、博物館学、保存科学、民俗学、教育学、観光資源学の観点から研究を進めるものである。具体的には、地域文化遺産の一つである学校所在の民俗資料を対象に2つの着眼点から研究を展開する。一つは研究対象とする学校所在の民俗資料が、その地域で適切に活用され、保存される活動プログラムを構築する。もう一つは、地域文化遺産の活用がその地域のみに限らず、観光などを通して地域を訪れた人びとが、その地域の文化に触れ合うことのできる観光資源としての活用方法を検証する。そして、これらの研究成果から、地域文化遺産の教育活用、観光活用についての可能性を明らかにし、これらの活用に耐えうる保存方法の開発に取り組む。
このうち、2018年度は、学校所在の民俗資料が、その地域で適切に活用され、保存される活動プログラムを構築する事前調査として、枚方市内の学校所在の民具の悉皆調査をおこない、来年度以降の調査フィールドの選定準備をおこなった。また、気仙沼市旧月立中学校、村上市旧茎太小学校の環境調査をおこない、来年度の運用体制について協議する準備を整えた。
また、地域文化遺産の教育活用の可能性として、地域文化の宝箱プロジェクトを立ち上げ、村上市縄文の里朝日と枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館の事前学習キットのプロトタイプモデルを製作した。ここでは村上市教育委員会、枚方市教育委員会と協力し、内容をとりまとめ、来年度以降、本格運用を目指した各学校施設での説明会の準備を整えた。