国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

大規模災害に関する集合的記憶の物象化・物語化と防災教育(2018-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(A) 代表者 林勲男

研究プロジェクト一覧

目的・内容

大規模災害の被災地では、遺構や遺物の保存・公開、モニュメントの建立、被災体験の語り継ぎなど、被災経験を後世に継承していこうとの活動が生まれる。他方、こうした活動は、被災の苦悩や悲痛さを喚起するものとして、反対もしくは距離を置く人びとも存在する。本研究は、大規模災害の集合的記憶を、モノを介して保存・伝承(物象化)したり、言葉により語り継いでいく(物語化)活動をプロセスとして、それぞれの地域社会の動態の中で捉える。具体的には、①1999年の921大地震(集集大地震)の台湾中部被災地、②2004年のインド洋大津波のスマトラ島アチェ州被災地、③2008年の四川大地震の被災地、そして④2011年の東日本大震災被災地で、それぞれの地域専門家を中心に現地調査を実施する。その上で、各被災地において、遺構やモニュメント、語り継ぎ活動が、地域づくりや防災・減災にどう活かされているかを明らかにする。

活動内容

2019年度実施計画

2年目に当たる本年度は、先ず5月に研究会を開催し、それぞれの昨年度の研究進捗状況を共有した上で、本年度の研究計画について確認する。そして、2020年1月の世界災害語り継ぎフォーラムに関して意見交換をおこない、実施に向けてのスケジュールを確認する。具体的な研究活動は以下の通りである。
・個別の調査研究としては、研究代表者の林は、災害記憶の社会化・集合記憶の形成に関わる事例調査を日本国内で実施する。また、12月にインド洋津波災害から15年を迎えるインドネシアのバンダアチェを訪れ、記念式典について参与観察をおこなう。佐藤は、東日本大震災被災地にて、災害遺構とモニュメントに関する調査を実施する。石原は7月に中国四川省にて、2008年の四川大地震関連の災害遺構の保存とモニュメントの建立の経緯と活動実態を把握するための調査をおこなう。同じく四川省にて、松岡は石原と連携しながら、災害後の防災教育に関して調査する。定池は9月に台湾にて、921地震20周年記念行事の参与観察をおこなう。阪本は12月にインドネシアのバンダアチェにて、15周年記念式典についての調査を林と協力して実施する。ボレーは、アチェ州との比較のために、2018年9月に発生した地震津波で被災したインドネシアのスラウェシ島パル市にて、共同墓地や記念碑、メモリアルに関しての調査を8月におこなう。齋藤はアチェ州にて、「津波観光」に関わるホストとゲスト双方に関しての調査を実施する。
・2020年1月に神戸市で開催される「世界災害語り継ぎフォーラム」(TeLL-Net2020)にて、本プロジェクトを主体として、災害遺構・モニュメントと災害経験の語り継ぎをテーマとした分科会を一つ立ち上げる。本科研経費で海外から2名、国内から1名の発表者を招へいし、座長と発表者2名を本プロジェクトメンバーが務める予定である。その成果は他の分科会の成果とあわせて、2021年度中に日・英語にて出版する計画である。