国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

『千夜一夜』をめぐる写本・刊本の編纂過程と書物文化の諸相(2018-2022)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 中道静香

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、『千夜一夜/アラビアンナイト』の名で知られる物語集について、アラビア語の手写本および刊本の文献学的調査を行い、また編纂と流通に関する歴史的事実をたどることによって、この書物に対する東西の関わりを考察する書物文化論的試みである。世界には、製作地・製作年代・分量・内容の異なる多数の『千夜一夜』写本・刊本が存在するが、本研究では、代表的なアラビア語刊本と関連の深い「エジプト系写本群」(18世紀後半に成立)に焦点を当てる。具体的には、写本の校合や歴史資料の分析を通じて、(1) 写本の編纂・複製の過程と系統、(2) エジプトにおける写本製作の状況、(3) ヨーロッパ人による写本入手と各図書館に所蔵されるまでの経緯、(4) 写本が刊本として編纂・印刷される過程、等を明らかにし、本来口承で伝えられた物語を様々な形態の書物として生産・消費した、アラブ人とヨーロッパ人双方の営為を探る。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

本研究では、主な研究対象である『千夜一夜』のエジプト系写本・刊本の調査が最も重要な作業となる。未見・未入手のものを中心に、国内外の図書館や研究所での資料調査を実施する。
『千夜一夜』のエジプト系写本は、その多くがヨーロッパの複数の図書館に分散している。そこで補助事業期間の5年間に、各図書館が所蔵する写本を閲覧の上、必要に応じて複写を行うなど、資料の収集を積極的に行う。平成30年度は、ロシア(サンクトペテルブルク)で調査済みの2種類のエジプト系写本(それぞれロシア国立博物館、東洋学研究所が所蔵)を、マイクロフィルムもしくはデジタルデータによって収集する。これにかかる費用は物品費として計上した。平成31年度から平成34年にかけては、フランス(フランス国立図書館)、ドイツ(ミュンヘン図書館、エアフルト大学ゴータ研究図書館)、エジプト(エジプト国立図書館、写本研究所)、イギリス(大英図書館、ケンブリッジ大学図書館、オックスフォード大学ボドリアン図書館)での資料調査を行う予定である。これらにかかる費用は外国旅費として計上した。
上記の写本調査により、まず写本目録や先行研究が示す情報と実際の写本とを照らし合わせ、後期エジプト系写本の正確な書誌情報を整理する。次に写本全葉の画像が入手できるものについては、より詳細な校合を行い、奥付の内容、筆跡、欄外の注、含まれる物語の数、夜の区切り等に着目して、写本間の異同を明らかにする。こうした作業を通じて、エジプト系写本に関する網羅的かつ有機的な系統関係を提示することを目指す。
本研究では、上に示した文献学的・書誌学的調査と並行して、写本にまつわる状況証拠を集め、歴史的な裏付けを与えるアプローチも試みる。前近代以降のエジプトで書物文化が成熟していく過程においては、どのような書物が市場に出回り、『千夜一夜』はどのような位置づけだったのか。さらに時代が下って、アラビア文字印刷が開始されると、『千夜一夜』はどのように扱われたのか。エジプトの文化史研究も参考にしながら、エジプト系写本の編纂と流通の過程を見ていく。東洋学者や外交官の日記や書簡、学術協会の議事録のほか、新たな資料を掘り起こし、写本の生産と売買に関わった当事者の情報を収集する。この目的のため、アラブ文学・言語学関連の文献とともに近代エジプトに関する歴史文献の収集を行う。これらは物品費として計上した。
その他、平成31年には資料調査のための国内旅費、平成30~32年度にはデータ整理補助として人件費、平成31年にはデータ保存用記録メディア等の消耗品費、平成33~34年度には、英語による論文執筆のための英文校閲費を、それぞれ計上している。
引き続き、インデックスの校正作業、凡例や付録など追加部分の執筆、共著者からの原稿の取りまとめを行い、できるだけ早い時期の入稿を目指す。また、入手した写本と関連写本の比較分析を行い、その成果を口頭発表もしくは論文によって発表する

2018年度活動報告

平成30年度は、本研究課題にかかる2つの作業を主に行った。
一つは、かねてから継続している『アラビアンナイト(千夜一夜物語)』カルカッタ第2版を基にした、人名・地名・文化語彙インデックスの作成である。本インデックスは、アラビア語の見出し語約3000語に対して、英語の簡便な訳語とカルカッタ第2版における掲載頁を含むもので、出版に向けての版下原稿を準備しているところである。本体部分にあたる索引の第一草稿は出来上がっており、見出し語のカテゴリーや順序の見直し、英訳の適切さや誤植に関するチェック作業を現在行っている。また、この索引には2本の巻頭論文を掲載する予定にしており、筆者が担当する一本の英語論文を執筆した。
二つ目は、エジプト系写本(18世紀後半)の系譜に関する研究である。一般的な4巻本のエジプト系写本の他に、おそらくより古い段階の3巻本の写本が存在することがわかっており、後者系統の写本としては現在、完全写本と不完全写本の2点が確認されている(フランス国立図書館所蔵)。筆者は、これらと関連性があるかもしれない同じく3巻本の写本(ロシア国立図書館所蔵)に着目しており、内容の詳細な分析を行うため、同写本のデジタルデータを同図書館より購入した。今後は、まず3つの3巻本写本を比較し、内容の異同を明らかにする。そして、3巻本写本から4巻本写本への発展の経緯、さらには15世紀にさかのぼるシリア系写本との連続性について、考察を進めていく。