国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

アフリカの無形文化を対象にした民族誌映画の制作による応用映像人類学的研究(2018-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 川瀬慈

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、エチオピアの無形文化を対象にした民族誌映画を事例に、映像を活用した文化保護モデルの構築を目指すことである。近年、無形文化の保護を推進しているUNESCOは、アフリカの無形文化を映像によって記録し活用する方法を推奨している。しかしその記録については、研究者や国際機関が一方向的に行う傾向が強く、現地社会の人々の声が反映されているとは言い難い。さらに、国際機関が掲げる記録・保護すべき無形文化の理念と、地域住民の無形文化に対する認識の間に溝があり、対象地域における映像記録の活用に関する議論が十分に行われていない点が指摘できる。本研究では、UNESCOによる保護すべき「無形文化」について、応用映像人類学的な観点から検討し、今日消滅ないしは著しい変容を強いられているアフリカの無形文化を対象にした望ましい映画制作・活用の指針を示す。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

前年度にエチオピア北部で撮影したフッテージを今年度のエチオピア現地のフィールドワーク時に関係者にフィードバックし、楽器の奏法や歌唱の分析、歌詞の翻訳をすすめる。同時に、以上のフッテージをベースに民族誌映画の編集を行う。フィードバック上映を行う対象としては被写体となった芸能者や地域社会のコミュニティ、さらには無形文化保護局の関係者を予定している。様々なアクターの視点から記録映像をまなざし、議論することによって無形文化を支える技能について多角的に分析する。
8月にポーランドのポズナン市で開催される国際人類学・民族学科学連合(IUAES)中間会議において映像人類学に関するパネルを組織し、アフリカ無形文化の映像記録の方法論をテーマにした発表を行う。さらに、10月に北京の中国社会科学院において開催されるIUAES映像人類学理事会が主催する国際会議において同様の発表を行う予定である。

2018年度活動報告

平成30年度はアフリカ現地でのフィールドワーク、出版、国際会議の企画、実行等、インプット、アウトプット両面を積極的に行うことができた。
まず、8月のエチオピア北部でのフィールドワークにおいて、ティグレイ州メケレで活動を行うゴンダール出身のアズマリ、ムカット・ムルカン氏による演奏活動を映像記録した。特に、結婚式をはじめとする祝祭儀礼の場における地域社会の人々と芸能者の相互行為について詳細に記録できた。今後編集を行い民族誌映画を制作する。
出版関係では、世界思想社より、単著『ストリートの精霊たち』を出版した。本書は、これまで川瀬が民族誌映画による記録の対象としてきたエチオピア北部の芸能者等と川瀬との交流や関係性の変化を主なテーマとしている。平成30年度は、川瀬が制作した過去の民族誌映画の上映と本書の解説を組み合わせる形で、各地で上映、講演活動を繰り広げた。
10月の国際エチオピア学会研究大会(於:エチオピア、メケレ大学)では、エチオピア無形文化の人類学的な映像記録をテーマにした民族誌映画上映プログラムを主宰者として企画、実行した。本プログラムでは、エチオピア、ドイツ、米国、ノルウェーの映像人類学者とともに、互いの学術映像の視点、アプローチ、さらには作品の保管や活用のありかたについて、2日間にわたり、密に議論できた。また12月には、第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示を担当する人類学者等とともに京都人類学研究会・季節例会シンポジウム『人類学とアートの協働』を開催した。本シンポジウムでは、制作実践に基軸をおいた文化人類学者、アーティスト、キュレーター間の領域横断的な議論を行い、人類学な映像制作実践におけるアートの語法の援用について意見交換できた。