国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

島嶼社会における芸能伝承の課題―対話と発見の場としての映像を活用したアプローチ(2018-2020)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 福岡正太

研究プロジェクト一覧

目的・内容

近年、多くの無形文化遺産が伝承の危機にあるという共通の認識のもと、ユネスコの無形文化遺産保護条約等による国際的な文化遺産レジームが確立しつつある。日本では、文化財行政を文化遺産レジームに適応させる一方で、地方社会の経済的活性化のために芸能等の文化財も総動員しようとする政策が進められている。本研究は、そうした状況のもと、鹿児島県の硫黄島と徳之島という規模を異にする2つの島において民俗芸能の伝承が直面する課題とその解決への試行錯誤について調査し、島嶼社会における芸能伝承の重要性を明らかにすることを目的としている。調査は、島において実際に民俗芸能の伝承にかかわる人々の努力に焦点を合わせ、文化財行政の変化が人々の実践に及ぼす影響に光をあてる。それらの課題に対する理解を深め、進むべき方向性を見いだすための対話と発見の場として、芸能の映像記録を活用した研究をおこなう。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

硫黄島、徳之島の両島の芸能について、映像記録を活用した研究を進める準備がほぼ整ったため、次年度以降は、島内外において映像を上映・視聴する機会を積極的に作り、それを通じて島の関係者との対話を深めて研究を進めたい。硫黄島においては、2018年末、八朔太鼓踊りに登場するメンドンがユネスコの無形文化遺産代表一覧表に記載されたため、その影響を中心に、島における芸能の伝承についての島の関係者の実践と背後にある考え方を明らかにしたい。徳之島においては、小学校に加え、地域の関係者とフォーラム型情報ミュージアムの活用の可能性を探りながら、地域社会の維持における芸能の役割について関係者の考え方を明らかにしたい。また、両島における調査を通して、映像が異なる人々を結び付け対話を促進する可能性の検証と芸能の映像記録を伝承に生かす方法についての検討を実践的に進めていきたい。

2018年度活動報告

本研究は、島嶼社会において民俗芸能の伝承にかかわる人々の努力に焦点を合わせ、無形文化遺産概念の普及や文化財行政の変化等が、人々の実践に及ぼす影響を明らかにしようとしている。それらの課題に対する理解を深め、進むべき方向性を見いだすための対話と発見の場として、芸能の映像記録を活用した研究をおこなう。本年度は硫黄島と徳之島にて調査を進めた。
1.硫黄島における調査 鹿児島県三島村硫黄島の八朔太鼓踊りの撮影・調査を進めた。八朔太鼓踊りに登場するメンドンは、2017年に国の重要無形民俗文化財に指定され、2018年には甑島のトシドン、男鹿のナマハゲらの芸能とともに「来訪神:仮面・仮装の神々」を構成する10件の芸能の1つとしてユネスコの無形文化遺産代表一覧表に記載された。人口約120名の島において、島を挙げて芸能が維持されている様子を調査し映像で記録した。今後、映像の試写等を通して島における芸能の伝承について議論を深めていく。
2.徳之島における調査 鹿児島県徳之島では、国立民族学博物館が制作したフォーラム型情報ミュージアム「徳之島の唄と踊り」(徳之島の各集落の芸能の映像からなる双方向的なコンテンツ)を、集落に伝わる芸能の学習において活用するため、天城町の小学校と協議を進めた。人口減少が続く徳之島では小学校児童数が減る一方、鹿児島等から赴任する教師の子どもを始めとする集落外・島外出身の児童の割合が増えている。集落と校区が重なっている地域では、小学校が子どもたちに集落の芸能を伝える重要な場となっていることがわかってきた。集落の年長者らから子どもたちへの直接の伝承活動を阻害することなく、効果的に映像を活用するためのコンテンツの改修の方向性などを検討した。