国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

近現代の日本と韓国における門付け芸能の変遷‐伊勢大神楽と韓国農楽を中心に‐(2018-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究 代表者 神野知恵

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、芸能者が家々を廻って祝詞や歌などを奉納する「門付け」の芸能を対象とする。日本では古来より専門芸能者による門付けが盛んに行われたが、その多くは近代化の波を受けて衰退した。現在は西日本各地で巡業を続ける伊勢大神楽や、消滅の危機を越え近年復活を遂げた阿波木偶箱まわし等が残る。本研究ではそれらの巡業の詳細調査を行い、彼らと地域住民との関係性や、現地の祭りや芸能などへの影響、近現代における活動形態の変遷を明らかにする。
また、韓国を比較対象地域として取り上げる。韓国でもかつて専門芸能者による門付けが盛んに行われ、各地にその記録や影響が残されているが、度重なる戦争と経済成長を境に巡業を見ることはできなくなった。本研究では、両国においてそれまで重要な役割を担い、影響力を持っていた門付けの芸能が、近現代に存続の危機に立たされた理由や、巡業活動の維持および復活の変遷史を検討することを目的とする。

活動内容

 

助成事業期間中の実施計画

本研究の実施計画は次のようである。4か年の研究期間中、最初の2年は伊勢大神楽の巡業への同行調査を重点的に行う。特に伊勢大神楽講社の巡業を中心に調査する。主な調査地は、京都、大阪、三重、兵庫、滋賀、香川、岡山、福井などである。また、徳島県の阿波木偶箱まわしや三陸沿岸の廻り神楽についても現地調査を行う。助成金を用いて撮影機材・ノートパソコン等を購入し、取材および記録整理に活用する。韓国については現地研究者(木浦大学校島嶼文化研究所 李京燁氏、宋奇泰氏ら)の協力を得て、詳細な現地調査や史料調査を行う。新聞や文化関連雑誌記事などの資料の収集も行う。
後半2年では、伊勢大神楽に影響を受けたとされる日本各地の獅子舞による門付け芸能や、日韓各地でにおいて村人たちによって受け継がれている門付け芸能についても補足的に調査し、門付けという行為が持つ意味や効果、そこで専業芸能者が果たしてきた役割、村人がこれを行うようになった経緯などを探っていく。
研究成果の発信方法としては、国内学会(東洋音楽学会、民俗芸能学会、韓国朝鮮文化研究会、比較民俗研究会等)において定期的に発表を行い、それぞれの学会誌に論文を投稿する。また映像民族誌を用いた研究成果の発信にも力を入れる。門付けをテーマにした映像作品を制作し、日本や世界の映像人類学研究者らと意見交換を行う。具体的には、既に平成28年度より継続的に伊勢大神楽の報告を行ってきた韓国の南道民俗学会でも引き続き映像発表を行い、平成32年度にはタイで予定されている国際伝統音楽学会(ICTM)にて日本の門付け芸能に関する映像発表を行う。また、最終年の33年度にはこれらの調査や学会発表によって得られた研究成果を報告書にまとめ、同内容で数年以内に書籍の出版を目指す。
申請者は2016年10月より伊勢大神楽の研究を開始し、長期同行調査や研究成果発表を行ってきたため、既に協力体制と信頼関係が十分に構築されている。また阿波箱木偶廻しについても、保存会の中心人物と2010年から交流を持っており、円滑に研究を開始できる状況にある。韓国の近現代芸能の調査についても2006年から博士研究に至るまで継続的に行ってきた蓄積があるため、近現代韓国芸能史に関する知識、調査方法、言語能力や人脈を本研究に存分に活かすことができる状況である。本研究でもインタビュー調査を行うが、インフォーマントに対して映像・録音等記録の可否、論文などにおける公開の同意をとることを怠らないよう最大の注意を払う。論文、映像作品、報告書などの研究成果物を研究対象者らにいち早くフィードバックし、芸能の伝承や保存・維持に貢献できるよう努める所存である。

2018年度活動報告

本研究は近現代の日韓における門付け芸能の変遷を主題としている。今年度は、主に日本の関西各地で活動する伊勢大神楽の調査を行った。伊勢大神楽講社の四社中を対象とし、調査地域は大阪府、京都府、滋賀県、福井県、香川県、岡山県、兵庫県、三重県各地に及んだ。各地域において大神楽が歓待され、年中行事のなかで重要な役割を果たしている場面を見ることができたが、その存続を楽観視できない部分も多かった。とくに少子高齢化による回檀地の減少や、神楽師の人員確保に深刻な問題を抱えていた。本研究では比較を行うため、東北地方を中心に他の芸能団体についても調査を行った。八戸三社大祭における神楽などの門打ち、盛岡市黒川さんさの門付け復元行事、大船渡市越喜来の浦浜念仏剣舞による供養行事、吉浜の権現様巡行、宮古市黒森神楽の巡行を対象とした。また、韓国でも農楽が家々を廻る「コルグン」の行事を済州道楸子島で見る事ができた。演じる人びとはいずれも専業者ではないが、家々で芸能を奉納する代わりに報酬を得る門付けの行事においては、様々な点において共通性が見られた。
これらの調査の結果、家々を廻る儀礼は日韓で現在も続けられているが、その理由は家族の健康や家業の繁栄を願う信仰心による部分が大きいことが改めて明らかになった。また、先行研究では行事の演じ手を専業的な芸能者と村人に二分して考えてきたが、その相互関係や、中間的な存在も重要であることがわかった。研究成果は、申請者が所属する国立民族学博物館での研究会や、韓国木浦大学島嶼文化研究所の国際シンポジウムにて発表し、その内容が論文集『島と海の民俗研究、その行路と展望』として出版された(韓国:民俗苑、2019)。その他、国立民族学博物館『月刊みんぱく』(2018年10月号)での門付け芸能特集、公益社団法人全日本郷土芸能協会会報での連載記事においても調査の結果を一般公開した。