国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

アフリカ熱帯雨林における狩猟採集民の生態資源獲得の行動に関する人類学的研究(2018-2020)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究 代表者 彭宇潔

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、アフリカ熱帯雨林地域の狩猟採集民の生態学的領域での行動が決定される過程を、生態、社会、行動の関係で説明するための人類学的な解釈モデルを構築することである。このために、生態学的領域の範囲、社会関係や価値観といった社会、文化的基盤と、活動時における即時的な環境変化への対応といった生態学的行動に着目したフィールド調査をカメルーン東部に居住するバカを対象として行う。具体的には、1)生業活動をおこなう生態環境の地理、地勢に関するデータ、2)親族・姻族等の社会関係・近隣集団との関係に関するデータ、3)諸活動に含まれる行動に関する定量的・経時的なデータを収集、分析し、それらの関係を明らかにする。そのうえで、従前に得られた結果についてバカ側の評価、解釈を加えた検証を行い、外的な行動モデルと内的な当時者の視点を接合させた生態資源の獲得に関する人類学的モデルの構築を行う。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

調査を行うために、本研究では平成30~32年度にかけて、1ヶ月のフィールドワークを2回、2週間のフィールドワークを1回実施し、収集したデータを分析する。各回の調査はこれまでの調査と同様、カメルーン東部州ブーンバ=ンゴコ県、ブーンバ・ベック国立公園の北側に位置しているバカの居住地域で実施する。調査の際にはバカの居住地域に滞在し、アクションカメラ、一眼レフカメラと音声レコーダーで彼らの活動の映像と音声を記録する。また、平成31~32年度に実施する2回の現地調査とともに、その前の調査で撮った映像資料を当事者のバカたちに見せて、彼らがどのように自分と他者の行動について解釈・説明するのかといった上映会もおこなう。具体的な調査内容と明らかにしたい点は、以下の4点である。
【生態学的領域の地理的地勢的情報】申請者はバカたちの生業活動を参与観察し、その時に自分の胸部に固定したアクションカメラと音声レコーダーで連続して映像と音声で集団行動を記録し、高感度のGPSトラッキング機で彼らの活動範囲の地理的・地勢的情報を記録する。それに加えて、バカたちが日常生活において彼らの活動領域をどのように言語で表現し、他の成員と共有しているのかについて音声と映像を記録し、収集した地理的・地勢的情報と対照しながら、彼らが生態学的環境をどのように体系的に認識しているのかを明らかにする。
【バカたちの社会関係】氏族に関する伝説や民話、親族・婚姻に関する規則と禁忌について聞き取り調査と事例収集をおこなう。居住地ごとの規模とメンバーを定期的に記録し、流入した人と流出した人について、彼らが来たところと移動先との関係について具体的な聞き取り調査を行なう。各個人間の社会関係を徹底的に把握することで、彼らに見られる各種行動がどのような社会関係に裏打ちされているのかを明らかにする。
【生業活動時の行動の基礎的調査】個人間の社会関係が明確な成員をキー・インフォーマント(以下、KIとする)とし、各KIにアクションカメラを前額部に固定してもらい、あわせて高感度のGSPトラッキング機を携帯してもらい、生業活動を中心とした行動の一連の過程を記録する。収集したデータを行動学的・相互行為論的に分析して、彼らは変化する生態学的環境の中で互いの意思疎通と行動決定をどのようにしているのか、その一連の行動は彼らの社会関係とどのような関係にあるのかを明らかにするための基礎資料を得る。
【行動に対する当事者の解釈】これまで記録した映像を当時の活動に参加したすべてのメンバーに見せる上映会をおこない、彼らからそれぞれ各行動をとった理由を聞き取る。さらに、他人の行動を見た時に、彼らはどのように評価したり議論したりするのかを、映像及び音声を記録する。このデータも加えて、彼らがもつ社会関係と即時的な環境変化との相関関係を明らかにする。

2018年度活動報告

2018年度は12月から1月にかけて約3週間渡航して、カメルーン東南部で約2週間のフィールドワークを実施した。主には(1)バカ・ピグミーたちが獲得する対象の資源の地理的情報の収集と、(2)バカたちが利用する森の中の道と資源の位置に関する知識の聞き取り、(3)個人に対する移動・移住史の聞き取り、そして(4)キー・インフォマント(以下KIと略す)に対して環境知覚に関する追跡調査をおこなった。資源の地理的情報とそれに関連するバカたちの知識については、彼らが主に川と地形を目印に覚えて、他者との共同経験を語ることによって情報を共有するということがわかった。その調査結果を、2018年5月の日本アフリカ学会で口頭発表で報告した。また、個人の移動・移住史については、主にその個人の婚姻状態と共同居住者との人間関係は個人の移動・移住の理由になることがわかった。その結果とこれまで実施した親族に関する調査結果を含めて、バカたちにおける社会関係と居住・移動に関する論文を執筆しているところである。環境知覚の追跡調査については、本来計画したKIにカメラを設置することをやめて、調査者(研究代表者)につけてKIの行動を撮影する方法に変更した。変更後の調査方法はKIを含む集団活動のメンバーを多数撮影することができ、KIに対する行動研究により良い方法である。この調査を通してバカたちは森を歩く実践の中で周囲の環境を知覚するには主に視覚と聴覚に頼っているが、嗅覚にもしばしば頼っていることが明らかになった。それに関して、論文執筆のためのデータ分析をおこなっているところである。