国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

時空間を融合する:GISと数理モデルを用いた新たな言語変化へのアプローチ(2018-2023)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)) 代表者 菊澤律子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

フィジー語諸方言の大規模データ(約300方言、約5800語)を対象とし、言語の時間的な変化と空間的な伝播との関係を解明する。また、その結果と非言語情報(地形や地点間の移動距離など)との相関を検証し、言語変化をヒトの移動やモノのやりとりなどの人間の活動と関連付けて包括的にとらえる。
フィジー語諸方言の発達史としては、時系列変化を反映する直線的な分岐モデルと空間拡散を反映する方言鎖の存在が提唱されているが、これらを比較し統合する手法はない。ここでは、地理上の位置を言語変化の交叉点とみなし、地理情報システム(GIS)を用いて時空間の両側面を関連付け、具体的な発達過程を解明する。研究を進める中で方法論を確立し、他言語データへの応用を目指す。データの解釈、GIS応用のためには、南太平洋大学(フィジー)とマシー大学(ニュージーランド)と協業、言語学、統計学、地理学、文化人類学のチームで研究を進める。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

当初計画に従って研究を進める。具体的には、次年度は、地図データのGIS化については地理情報を完成、100語リストを用いたプロトタイプを作成する。手書きデータの取り込みについては、ジオリファレンスを終了し、GISシステムへの取り込みを開始する。GISと言語統計処理についてはメーリングリストでコミュニケーションを取り合いながら各個人が研究をすすめる。1月31日、2月1, 2日に、マッセイ大学にて研究会を開催し、成果を共有し、現地研究者からのフィードバックをもらうとともに、今後の進め方について確認する。

2018年度の活動報告

本研究では、フィジー語300方言を対象に、言語の時間的な変化と空間的な伝播との関係を明らかにする手法に関する研究を、そのためのツール開発と併行して進めている。初年度の成果は以下の通り。
1) 南太平洋大学(フィジー)とマシー大学(ニュージーランド)の研究者との協働により、ツール開発研究の第一段階をほぼ終了した。具体的には、フィジー語方言のデータ整備を進め、100語、300地点のデータベースを作成した。また、ブラウザを用いた言語分析用研究ツール、および般公開用のウェブシステムの開発について、仕様を検討し、来年度末までのプロトタイプ作成の仕様を固めた。2)手書き地図データ約5800語分のジオリファレンス作業を始め、2分の1終了した。またジオリファレンス済みのデータをどのように1) のデータベースとの関連付ける手法についての検討を始めた。3) フィジーでの国際シンポジウム「フィジーの諸言語と地図:フィジー語GIS(地理情報システム)プロジェクト中間報告シンポジウム」およびサテライト・ワークショップを開催した。
詳細 http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20190326
これには、フィジー文化経済社会信託機構にて言語データ分析に関する研究会・見学会・機構スタッフとの学術交流(2019年3月25日)、南太平洋大学言語学科にて国際シンポジウムを開催(2019年3月26日)、南太平洋大学地理学科にて地理情報分析に関する研究会開催(2019年3月27日)を含む。