国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

北米アラスカ・北西海岸地域における先住民文化の生成と現状、未来に関する比較研究 (2019-2023)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(A) 代表者 岸上伸啓

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、北米のアラスカ地域および北西海岸地域の各地においてかつて狩猟採集民であった民族諸集団が先住民としてどのような文化を生成し、それらがどのように変化し、現在に至り、さらにどのように変化していくのかについて諸文化における変化の差異と類似性に着目しながら解明することである。とくに、経済要因(グローバル経済やネオリベラリズムの浸透)、政治要因(植民地化や国家への政治的包摂)、環境要因(温暖化といった生態環境の変化)、社会要因(伝染病や自然災害などによる人口減少に伴う社会の再編成)、思想的要因(キリスト教化の浸透)といった諸要因(アクター)と先住民社会との間でいかなる歴史的相互作用が見られ、彼らが先住民として独自の文化をどのように生成してきたかに関して明らかにする。その上で、歴史的変化と現状と将来への展望を地域間で比較することにより、北米先住民文化の生成過程に関して一般化を試みる。

活動内容

2019年度実施計画

(1)2019年6月に研究計画全体を具体的に検討する共同研究会(大阪)と、2020年2月にその年度の調査の成果を持ち寄り、比較検討する共同研究会(東京)を実施する。
(2)研究代表者と各研究分担者は、各自が担当するアラスカ地域と北米北西海岸地域の先住民社会に関する歴史・環境・言語に関する基本情報の収集を行うとともに、国内外の関連機関や図書館で文献調査を実施する。
(3)研究代表者と研究分担者は、各地の調査地において文化の変容要因となったと想定される歴史的アクター(諸要因)を特定し、アクター間の動態的相互関係の歴史的変化を把握するために現地で予備調査を実施する。また、下記の現地調査を実施する。岸上は2019年8月に約2週間、カナダのハイダ・グアィやバンクーバーなどで先住民による生業とアート制作に関する調査を実施する。立川は2019年8月から9月にかけて約3週間、カナダ・バンクーバー島のキャンベルリバーなどで漁業への温暖化の影響や世襲制チーフ制度、先住民の起業や大学進学に関する調査を実施する。生田は2019年8月にベーリング海のセントローレンス島、北極海沿岸の先住民の村バロー市、アンカレッジ市などで、生存捕鯨と石油開発の関係に関する調査を実施する。近藤はアラスカ内陸部のニコライ村で2019年8月末から9月にかけて約2週間、カリブー猟と先住民によるスポーツ狩猟ガイドについて調査を行なう。手塚は、2019年9月から11月にかけて、アラスカとオタワで先住民生業漁狩猟に関わる博物館等展示・所蔵資料の調査を実施する。
(4)研究代表者もしくは研究分担者は、2019年の6月に日本文化人類学会(仙台)と日本シベリア学会(京都)、8月に国際人類学・民族学会(IUAES、ポーランドのポズナン)、9月にカナダ学会年次研究大会(鹿児島)、10月に第34回北方民族文化シンポジウム(網走)などにおいて北米先住民文化に関する資料・情報の収集や発表を行う。
(5)各自は収集したデータを整理し分析するとともに、研究代表者がプロジェクト全体の成果をとりまとめ、集積し、ネット公開の準備を行なう。