国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

シルクロード都市の形成ならびに人と文化の東西交流に関する考古学的研究(2019-2022)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(B) 代表者 寺村裕史

研究プロジェクト一覧

目的・内容

ユーラシア大陸における東西交流(東洋と西洋)と南北交流(農耕民と遊牧民)の十字路として、中央アジアは人類史・文明史における重要な発展が為された舞台であった。本研究は、中央アジア・ウズベキスタン共和国を研究対象地域として、東西・南北交流の結節点としての古代シルクロード都市の果たした役割と、それらの都市を介して行われた人や文化の交流の実態を考古学的に明らかにすることを目的とする。シルクロードの成立による東西交流が活発化した背景にある人やモノの動きに着目し、発掘調査の成果を軸とした物質文化に焦点を当てることで都市遺跡間での交流の相互作用・推移を解明し、それが中央アジア史において果たした大きな役割について比較考古学的側面から考察する。

活動内容

2019年度実施計画

本年度は、9月~10月頃に、現地(サマルカンド)のウズベキスタン科学アカデミー考古学研究所と協働でカフィル・カラ遺跡の発掘調査を実施する。カフィル・カラ遺跡では、2017年調査時に出土したゾロアスター教関連の木彫板絵に関連すると思われる炭化物の一部が、まだ地中に埋もれた状態で残っていることを確認しており、それらの取り上げと保存・修復作業を継続する必要がある。さらに、カフィル・カラ遺跡がどのようにして形成されたかを探り、都市の成り立ちに関する考古学的な情報を得ることを目的として、遺跡周辺部においてトレンチ調査を実施する。
また調査前には遺跡周辺の衛星画像を購入しておき、発掘調査と並行して、ザラフシャン川中流域に点在する都市遺跡の分布踏査ならびに衛星画像解析による遺跡情報の収集に努める。そして、古環境調査および古代道路網の復元に関して、現地の地理学や古環境を専門とする研究者と共同研究を進める。特に分布踏査においては、GPSを使用して都市遺跡の悉皆的な分布・立地状況を把握し、基礎データを充実させる。
発掘調査終了後の11月~翌年2月頃にかけては、日本国内において、都市遺跡の立地場所と周辺環境をGISを用いて比較・統合するためのデータ作成に着手する。それらの地理的・空間的情報をGIS上で統合・管理することにより、どのような場所(地形や周辺環境)に都市が築かれたのかを考察する際の基礎データとする。また、カフィル・カラ遺跡と他の周辺都市遺跡における出土遺物・遺構の比較研究を実施するための、資料集成に取りかかり、都市遺跡同士の位置関係やシルクロードとの関係性など、シルクロードを通じた人と文化の交流に関わる時空間的な分析を行うための準備をおこなう。