国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

文化遺産の「社会的ふるまい」に関する応用人類学的研究:東部アフリカを事例に(2019-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(B) 代表者 飯田卓

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究では、国内的に支持されてきた「世界文化遺産」がその価値をめぐってどのような課題を抱えており、それをめぐって国内外のさまざまなアクターがどのような働きかけをおこなっているかを、民族誌的(=ボトムアップ的)に明らかにしていく。複数のアクターの働きかけを受けて文化遺産の価値が振幅するようすを、本研究では「文化遺産の「社会的ふるまい」」とみなし、記述を進めるとともに、あらたな実務モデルを構築するための実証的資料も集めていく。
本研究の核心的な問いは、人びとはどのような場合に互いの文化遺産を認めあえるのか、文化遺産はどのような場合に人びとを繋ぐことができるのか、ということに尽きる。この問いに関して知見を深めることが、本研究の大きな目的である。

活動内容

2019年度実施計画

本研究は、大きく3つの方法論から成る。①個々の社会文化的コンテクストをふまえた文化遺産の参与観察と民族誌的記述、②社会文化的コンテクストが異なる複数の文化遺産の比較分析、③複数の社会文化的コンテクスト相互のあいだで意図的に情報を流通させる「野外実験」である。
初年度において各研究者は、文化遺産を主たる問題意識としてそれぞれの調査地で資料収集を継続し、文化遺産をめぐる葛藤や同盟についての調査をおこなうとともに、それぞれの文化遺産がボトムアップ的に運営されているかどうか、されていないとすればその障害はなにかといった問題点を洗いだす(上記①)。また、次年度における「野外実験」(上記③)を見越して、文化遺産に関わる静止画像や動画をできるだけ多く記録する。