国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

ラテンアメリカ地域における「先住民性」についての民族誌的研究:コスタリカを中心に(2019-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 額田有美

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は大きく分けて次の3点である。
(1)コスタリカ国内に暮らす人びと(特に先住民居住区の住民たち)が「先住民であること」をどのように解釈し、「先住民」という概念にどのような意味付けを行っているのかを明らかにする。
(2)コスタリカにおける「先住民であること」の意味付けと、ラテンアメリカ地域のその他の国々における意味付けとにどのような共通点ないし差異があるのかを示す。そうすることをとおして、ラテンアメリカ地域におけるコスタリカという国のあり様を明らかにする。
(3)上記(1)と(2)の研究を進める際の方法論である民族誌(特に非写実的民族誌)の可能性について検討し、その意義を特に地域研究への方法論的貢献という視座より考察する。

活動内容

2019年度実施計画

前述の(1)~(3)の目的のうち、初年度(2019年度)は特に目的(1)と(3)に焦点を絞り、フィールドワーク(主に聞き取り調査)と情報収集を以下のとおり行い、研究を進める計画である。
【コスタリカでのフィールドワークの実施】
1回目(8月初頭~9月初頭の約1か月間):
プンタレナス県ブエノスアイレス市やその周辺に位置するカバグラ先住民居住区やウハラス先住民居住区に滞在し、調査協力の承諾を得ている人びとに対する聞き取り調査を行う。具体的には、カバグラ先住民居住区に暮らす年長者(例えば慣習法裁判所のメンバーたち)やウハラス先住民居住区に暮らす年長者(例えば「文化授業」を担当する教員)らへの面会を複数回行い、一人一人のライフストーリーのなかで「先住民であること」がどのように語られるのかを考察する。
また、カバグラ先住民居住区をはじめとする主に南部地域の先住民居住区出身者のうち、居住区を離れ、別の場所(例えばサンホセ市などの都市部)で暮らすようになった元居住区住民らにも聞き取り調査を行い、上記同様、ライフストーリーの記述と分析を行う。その際、居住区外への移住の経緯や現在の生活の様子、居住区内に暮らしていた頃と現在とでの心境の変化の有無などについても聞き取る。
2回目(2月初頭~3月中旬の約1か月半):
1回目のフィールドワークの際に聞き取り調査を行った人びとを対象に、もう一度、同様の聞き取り調査を行う。その際、1回目で行った調査時の語り口と、新たに行う調査のなかでの語り口との間に変化があるのかどうか、変化がある場合にはそれがどのようなものなのかも考察する。また2回目のフィールドワークでは、先住民居住区での参与観察も並行して行う。具体的には、例えばカバグラ先住民居住区の主要集落であるサンラファエル集落や居住区の境界線に近いラスブリサス集落やコンジュ集落に暮らす住民たちの日々の実践(なかでも比較的公的な活動)に参与し、彼・彼女らがどのようなときに、どのように、誰ないし何に対して、「自らは先住民(インディヘナ)である」ということを主張したり表現したりしているのかを観察する。
【意見収集のための国内国際学会ないし研究会への参加および発表】
日本ラテンアメリカ学会や各種研究会へ参加し、情報収集や研究経過の報告を行う。