国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

アフリカ内水面における「よそ者」に着目した持続的水産資源管理構築に関する研究(2019-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 稲井啓之

研究プロジェクト一覧

目的・内容

アフリカ内水面漁業における持続的な水産資源管理について考察することが本研究の目的である。そのために,移動漁師と地元住民とを結びつける社会関係の重要性を解明したうえで,アフリカ内水面において「よそ者」と地域コミュニティとが協働する新たな形の資源管理アプローチを構築する。カメルーン共和国の最古のダム湖であるバメンジン湖と最新のダム湖であるロムパガール湖を調査地とし,長期の海外現地調査を実施する。
まず,これまでの資源管理政策において重要でありながら看過されてきた漁業キャンプや水産資源利用の量・質的な把握と詳細な記録を行う。次に,移動漁師と関係する様々なアクターとによって形成されている社会ネットワーク構造の特徴を把握するための聞き取りと観察調査を行う。以上に基づいて,新旧2つのダム湖漁業の比較を通して,移動漁師と地域コミュニティとの協働による持続的資源管理を可能とするための社会的要因を解明する。

活動内容

2019年度実施計画

5月に京都精華大学で開催される日本アフリカ学会では,アフリカ漁業研究者と研究打合せを行ない,11月に長崎大学で開催される地域漁業学会において博士論文と本研究について発表する。
2019年7月にはフランスにおいてパンテオン・ソルボンヌ大学および国立開発研究所(IRD)において資料集とフランス語圏アフリカ諸国における水産資源管理に関する研究打合せを行なう。また,スペイン・バルセロナに移動し,バルセロナ自治大学および科学研究高等評議会(CSIC)においてアフリカ内水面における水産資源管理手法に関する研究打ち合せを行なう。
8月から約1ヶ月間(雨季)調査対象の2箇所のダム湖においてフィールドワーク調査を実施し,各漁場におけるキャンプ利用の記録(キャンプの数・構成員,位置,出漁理由,漁のパートナー)と漁業に関する量的データ(漁法,漁獲量,従事時間,魚種,漁具設置場所,漁場認識)を収集する。得られたデータを元に,地理情報解析ソフトを用いて漁業キャンプや水産資源利用の空間的な把握を行なう。
平行して,移動漁師をとりまく様々なアクターの情報を聞き取り調査によって得る。得られたデータを元に,社会ネットワーク分析ソフトを用いて,乾季における漁業キャンプや水産資源利用の空間利用の特徴と,移動漁師と各アクターとの関係性や社会ネットワークの特徴を明らかにする。