国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

東地中海域における小規模漁業の漁場利用生態と漁場管理制度の統合的解明(2019-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|特別研究員奨励費 代表者 崎田誠志郎

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究では、ギリシャおよび周辺諸国における小規模漁業の展開に着目し、各国の小規模漁業を取り巻くマクロな漁業管理制度や多層的な主体間関係と、沿岸域におけるローカルな漁場利用の生態的側面を明らかにする。それらの結果を比較統合することで,東地中海域における小規模漁業の多様性と共通性を解明することが本研究の目的である。
研究方法はフィールドワークを中心とする。現地では関係主体への聞取り調査を行い、小規模漁業管理にかかわる制度および主体間関係について明らかにしていく。漁場利用の生態的側面に対しては、(1)小型GPSおよび乗船調査による漁業者の行動の時空間的把握、(2)漁獲物の集計による資源利用の把握、(3)海図等を用いた漁業者の環境認識・知識の把握という3点から解明を進めていく。

活動内容

2019年度実施計画

本年度は東地中海諸国において計3回のフィールドワークを計画している。具体的には、ギリシャ・キプロスで各2回、それ以外の国で少なくとも1回の実施を検討している。なお、本研究の対象国は互いに近接しているため、一度の渡航で複数国を訪問することが可能である。ギリシャではすでに管理制度・主体に関する調査実績があるため、本年度は漁場利用を重点的に調査する。キプロスおよびその他1カ国の初回訪問では、小規模漁業の概要に関する予察調査と調査地の選定をおこなう。
日本国内では、東京・六本木のギリシャプラザをはじめ、ギリシャや東地中海諸国と関係の深い機関・団体に協力を仰ぎながら研究の基盤固めをおこなっていく。また、日本人の漁業研究者として、日本漁業の動向にも目を配る必要があることから、国内の漁業地域にも足を運んで最新の情報を得るよう努める。具体的には、これまで調査をおこなってきた和歌山県串本町や鳥取県湯梨浜町などに短期滞在して、漁業者や実務担当者らとの関係を密に保つ。
2019年7月1日から5日にかけてペルー・リマで開催される国際コモンズ学会(XII Biennial IASC Conference)に参加し、研究発表および情報交換をおこなう。学会に先立って、6月24日からチリの漁業研究者と合同フィールドワークをおこない、南米の小規模漁業管理の実態について見識を深める。国内では、日本地理学会2019年秋季学術大会、2019年人文地理学会大会、地域漁業学会第61回大会等に参加し、研究の発信と交流に努める。
ギリシャの漁業管理と漁業者集団に関するこれまでの研究成果と本年度前期の調査結果を合わせて、英文誌への論文投稿をおこなう。投稿先は、Marine PolicyやFisheries Research等を検討している。