国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

未発表原稿分析によるJ.-C.マルドリュスの執筆過程の解明(2019-2023)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 岡本尚子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

現在、『千一夜物語』仏語訳者J.-C.マルドリュスの遺族が所有していた未発表原稿を含む遺品の調査が数名の研究者により進められている。本研究ではその中から彼が晩年に取り組んでいた『福音書』の翻訳とされる未発表原稿Cinq conteurs divins dans la lumiere(光に満ちた5人の神の言葉の語り手)を校訂し、制作の過程で使用されたとみられる聖書の引用やメモ等の資料と共に分析を行う。本研究ではこうした調査により、ほとんど情報が残っていないマルドリュスの晩年の活動、及び下書きなどの資料がほとんど残されていないことから不明な点が多いマルドリュスの執筆過程を明らかにし、彼の活動を再評価することが目的である。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

本研究では、未発表原稿Cinq conteurs divins dans la lumiereの電子データを作成し、国立民族学博物館の研究チームが所有している<マルドリュス遺贈コレクション>中の関連資料や、フランス国立図書館所蔵の資料、マルドリュスと同世代の聖書研究などの情報を整理して、校訂と分析を行う。具体的には以下の作業を行う。
-2019年度~2021年度:①手書き原稿の解読・データ化(当該資料はA4で101頁の手稿):全体を3等分して毎年行う。②フランス現地調査による当該資料の再確認および必要な部分の再撮影。(各年度に行う解読・データ化の部分を中心に、毎年行う。)
-2022年度:①聖書の出典を示したメモと、引用の解読・データ化(20頁の手稿)②フランス現地調査による当該資料の再確認および必要な部分の再撮影
-2022年度~2023年度:調査結果をまとめ、校訂版を作成、雑誌論文等で成果を発表する。
 尚、以下の作業については研究期間中毎年実施する。①「遺贈コレクション」内の資料調査:他の翻訳・翻案原稿等の資料の調査。②フランス調査における関連資料の調査:フランス国立図書館、ジャック・ドゥセ図書館等。③マルドリュスと同世代の聖書研究に関する情報収集。④フランス人研究者との情報交換:Margaret Sironval博士(元フランス国立科学研究センター研究員)など。