国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

インド・オディシャーにおける親密圏の変容:恋愛・婚姻・家族をめぐる情動と経験(2019-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 常田夕美子

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、独立後インドの過去70年余りにおける親密圏の変容を明らかにすることにある。特に1947年から1990年までのポストコロニアル期から1991年の経済自由化以降のグローバル期への時代的変化に着目し、女性をめぐる親密ネットワークがいかに社会経済的動態に適応してきたか、そのなかで恋愛・婚姻・家族をめぐる情動と経験はどのように変容してきたかを検証する。現代インドの親密圏の変容は、伝統的な家族・親族構造が崩壊し、都市的な個人や核家族が誕生した過程であると考えられてきたが、そうした単線的な近代化論はあてはまらない。実際、人々は時代の必要に応じて親密な関係性を再編してきた。本研究は女性の行為主体性に着目し、変化する時代を生きる人々が生活のモビリティの幅を広げつつ、必要なケアと相互扶助の関係を確保するために、親密圏を創造的に再編してきた過程を描写し、親密性をめぐる情動と経験の変遷を分析する。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

本研究の具体的なフィールドは、オディシャー州およびオディシャー州出身の人々の移住先諸地域である。現地調査における、30世帯の世代が異なる女性たちに対するライフストーリーのインタビュー、また女性たちがノートなどにためている歌、詩、物語、日記や、女性たちが中心となって行う誓願儀礼(オサ、ヴラタ)についてのパンフレットの収集・読解を中心的に行う。また、オディシャー州立文書館での関連文献収集・読解、日本での文献研究を行う。
ライフストーリーのインタビューにおいては、家族・親族構成、学歴・職歴などの基本的情報のほか、特にさまざまな女性たちの恋愛・婚姻・家族をめぐる経験、情動、価値について詳細に聞く。これまでの予備調査で、女性たちはどの世代においても、恋愛や結婚そして家族のありかたについてさまざまに悩みながら、人生を構築してきたことがわかっている。これらの悩みに関わるエピソードに、時代時代において女性たちのおかれた微妙で困難な立場や、そこにおける彼女たちの情動、経験、価値観は集約的に現れるので、特にこれらの悩みをめぐる状況やその解決・未解決を集中的に聞き取る。
また女性たちの願いや価値観は、オディシャーで盛んに行われている誓願儀礼に如実に現れるので、何や誰のためにどのような儀礼(断食や祈りなど)を行ったのかを聞き取るほか、各時代に発行されたパンフレットを収集して分析する。そこには時代ごとに女性たちが願った人生のありようが、誓願の内容やイラストとして現れている。
調査対象は、カーストと経済階層のバランスに着目しながら、30世帯を選択する。そしてその世帯を構成する全世代の女性たちにインタビューを行う。調査対象地域は申請者がすでにラポールを築いているオディシャー州在住の女性たち、また彼女たちから他州や海外へと広がる親密ネットワークである。
本研究では、この調査をつうじて、インド・オディシャーにおける親密圏の過去70年の変容について、特に恋愛・婚姻・家族をめぐる女性たち自身の経験をもとに明らかにすることを目指す。それをつうじて、女性たちのライフスタイル、情動、価値はどのように変化してきたのか、そして、彼女たちは行為主体性をいかに発揮し、どのような人生を親密圏において模索してきたのかについて検討する。