国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

世界遺産バンチェン遺跡の遺物の古美術品化とその価値づけをめぐる文化人類学的研究(2019-2022)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|基盤研究(C) 代表者 中村真里絵

研究プロジェクト一覧

目的・内容

タイ東北部の貧困地域の村で発見されたバンチェン遺跡が世界中の古美術品蒐集家を熱狂させた時期に、出土遺物はいかに価値づけされて古美術品となり、流通ネットワークに接続していったのか、地域住民は遺物をいかに提供したのか、蒐集家はなぜ、またいかにして遺物を手にいれたのか。そして、ブームはどのように終焉を迎えたのか。本研究は、バンチェンの遺物が古美術品化してから文化財となるまでの一連のプロセスを、流通ネットワークに関わる人々の価値づけから明らかにすることを目的とする。具体的には、遺物の盗掘と売買に関わった人々への聞き取り調査と、カタログや図録、新聞記事の文献調査の双方から検討し、遺物に付与された「古さ」「美しさ」「本物」といった新たな価値を読み解いていく。そしてフィールドに根差した従来の民族誌ではなく、脱地域化した遺物というモノを起点とする民族誌として成果を公表し、モノと人間、社会との関係性を問う。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

・2019年度は、日本とタイにおいて文献収集およびインタビュー調査を実施する。日本では、国立国会図書館においてバンチェン遺跡に関する新聞記事や雑誌記事、およびギャラリーや百貨店の展示即売会の記録資料を収集し、その分析から日本における遺物の古美術品化について明らかにする。また日本とタイにおいて、バンチェンの古美術品蒐集家へのインタビュー調査をおこない、彼らがどのようにしてバンチェンの遺物を知り、それに関心を持ったのかについてあきらかにする。また、7月に北海道大学でタイ人研究者との研究集会、8月に国際人類学・民族学会(IUAES、ポーランドのボズナン)において研究発表をする。
・2020年度は、タイのバンチェンおよびバンコクにおいて現地調査を実施する。主に、バンチェンの遺物を販売していた村人、複製品製作者、バンコクの古美術商への聞き取り調査を重点的におこない、バンチェンの遺物が古美術品としてグローバルな流通ネットワークに接続していた1970年代の複層的構造をあきらかにする。調査研究の成果報告を、日本文化人類学会と国際タイ学会(ICTS14)において発表する他、『月刊みんぱく』、『季刊民族学』への寄稿等を通じて、一般社会へ向けての公開もすすめる。
・2021年度は、前年度に引き続き日本とタイで補足調査を実施し、データの集積と分析、所属学会での研究成果の発表につとめ、既存の文化人類学における本研究課題の位置づけをすすめる。主に、いつだれがどのように「バンチェンの遺物」を価値づけてきたのか、そしていかに文化財となったのか、その変遷を整理し、モノと人間、そして社会との関係性を通して「遺物」の物質性について考察する。また、バンチェン遺跡の調査をしているアメリカのペンシルヴェニア大学付属博物館にて、資料調査とこれまでの調査成果を報告する他、コレクションの調査研究をおこなう。
・2022年度は、3年間の調査で得られたデータを整理、分析をすすめ、学術雑誌に投稿する。投稿先として、Journal of Material Cultureか『文化人類学』を想定している。また、タイのシラパコーン大学で研究成果の発表をし、その後の研究の可能性について議論を交わし、研究をさらに展開できるよう成果をまとめる。