国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

宗教と移動をめぐる人類学的研究:現代中国の越境的ムスリム・ネットワーク(2019-2022)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究 代表者 奈良雅史

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究の目的は、中国内陸部から沿岸部にアラビア語通訳として出稼ぎに行く回族と呼ばれるムスリム・マイノリティの動きに焦点を当て、中国政府による「一帯一路」構想の推進に伴う中国とイスラーム諸国との間での経済交流の促進が人々の移動の活発化し、イスラーム復興を促進してきたプロセスを明らかにし、宗教とモビリティをめぐる理論的モデルを提示することである。
以上の目的を達成するため、以下の課題に取り組む。①回族の出身地でのイスラーム復興の状況と沿岸部への出稼ぎの実態の解明。その際、宗教活動および出稼ぎに大きく影響する中国共産党の宗教政策および経済政策の実施状況についても明らかにする。②出稼ぎ先でのトランスナショナルなムスリム・コミュニティの実態とそこでの宗教実践のあり方の解明。③回族出稼ぎ労働者の出身地における彼らの出稼ぎ経験がイスラーム復興に与える影響の解明。④モビリティに関する理論的研究。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

本研究は上述した4つの課題に取り組むために4年間をかけて、それぞれの課題に対応した3つの事例研究と1つの理論研究を実施する。
2019年度は主に課題①に取り組む。課題①では、沿岸部における回族アラビア語通訳の主要な出身地の一つである雲南省昭通市における参与観察を中心とした現地調査を通じてイスラーム復興およびアラビア語教育の実態、および沿岸部への出稼ぎの実態を明らかにする。また、それらに大きな影響を与える中央政府および地方政府の宗教政策、民族政策、経済政策についての文献調査を実施する。昭通市では2008年度から断続的に現地調査を実施しており、現地のモスクや回族から調査の協力を取り付けている。
2020年度は主に課題②に取り組む。課題②では、アラビア語通訳の主要な出稼ぎ先である浙江省義烏市において参与観察を中心とした現地調査を実施し、回族アラビア語通訳と外国人ムスリムとの関係からトランスナショナルなムスリム・コミュニティの実態を明らかにする。義烏市では2017年度から断続的に現地調査を実施しており、現地のモスクやアラビア語通訳などとして出稼ぎに来ている回族から調査の協力を取り付けている。
2021年度は主に課題③に取り組む。課題③では、課題①②の成果を踏まえて、回族アラビア語通訳の沿岸部での出稼ぎ経験がイスラーム復興に与える影響を明らかにするために雲南省昭通市で改めて参与観察および出稼ぎ経験者と非経験者双方に対する聞き取り調査を中心とした現地調査を実施し、イスラーム復興と出稼ぎとの関係を明らかにする。
最終年度である2022年度は、研究成果の公開とその社会的還元に取り組む。課題④に関しては、全研究期間を通じて実施し、現地調査で得られたデータを踏まえて、理論的枠組みの練り直しを行っていく。課題①~④の成果として、国内外の学会で研究発表を行うとともに、日本語、英語、中国語で論文を執筆し、学会誌に投稿する。特に2022年度は、これらの成果を日本語で商業出版し、研究成果の社会への還元を目指す。