国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

レソトにおけるジンバブエ移民行商人の会計方法にかんする人類学的研究(2019-2021)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|若手研究 代表者 早川真悠

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、南部アフリカにおける人びとの「固有の会計方法」を明らかにする。具体的には、レソト王国におけるジンバブエ人出稼ぎ移民の行商活動について、彼ら独自の会計方法(価値の計量、財産管理、取引記録)に焦点を当て人類学的調査をおこない、その結果を現代社会の会計・監査方法と比較する。
会計・監査の技術や知識は、近年、国際的・社会的拡大が急速に進んでいる。会計的発想にもとづき規律化が進む社会のあり方を、人類学者や社会学者は「監査社会」「監査文化」と呼び、人間の諸活動を過度に数値化し評価するものとして批判的に検討してきた。
本研究は、レソトのジンバブエ人行商人が、何を考慮し、どう数える(count)のかを、現地調査、文献調査、比較研究をとおして具体的に明らかにする。現代社会とローカル社会における会計方法の違いを探り、過度ではない「適度な」数値化があるとすればどのようなものなのか実証的に検討する。

活動内容

助成事業期間中の実施計画

本研究は、南部アフリカ・レソト王国というローカル社会における固有の会計方法のあり方を明らかにする。そのために、具体的に次の作業をおこなう。(1)レソトのジンバブエ人出稼ぎ移民の行商全般について現地調査する。(2)彼らの会計方法(価値の計量、財産管理、取引記録)の詳細を明らかにする。(3)得られた結果を現代社会の会計・監査制度と比較する。
本研究はこれらの作業を3年計画でおこなう。1、2年目には南部アフリカ・レソトにおいて現地調査を中心におこなう。現地調査の時期は各年の8月と3月とし、毎年1カ月間の調査を計2回ずつおこなう。3年目の3月には現地のレソト国立大学にてワークショップを実施し、調査結果のフィードバックをする。現地調査と並行して、1年目から3年目にかけて、経済人類学・会計学の文献調査をおこない、事例を理解するために適切な理論的枠組みを探る。
調査対象となるのは、南部アフリカのレソトにおいてインフォーマルな行商活動をおこなうジンバブエからの出稼ぎ移民である。彼らはインフォーマルな行商を営み、隣国南アフリカの商業都市ヨハネスブルグで仕入れたホウキやモップ、毛布、化粧品など、さまざまな日用品を肩や背にかつぎ、都市部や農村部で売り歩く。彼らは地元レソトの人びとから「Bo Mokhotsi(「友だち」)」と呼ばれ、広く受け入れられている。
2018年2月にレソトを初訪問し、同年8月~9月に約1か月間、このジンバブエ移民の行商活動について予備的調査をおこなった。この予備的調査では、ジンバブエ移民行商人が多く住む地区を訪れ、行商人たちとの人脈を形成した。また、レソト国立大学において、研究者ネットワークを築いた。
本研究では、この予備的調査で築いた人脈を活用しながら、彼らの行商活動について詳しく調査をする。レソトでの調査については、現地大学の研究者らの助言を受けながら、法令や規則を遵守し、円滑に調査が進むようにする。インフォーマントらには、事前に自身の身分・調査目的を明示し、インタビューの同意・理解を得たうえで調査する。インフォーマントが特定の情報や名前、地名の公表を望まない場合、もしくは匿名にしたうえでの公表を望む場合には、それに従う。