国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

食の認識体系とその変容ータイにおけるMSG(グルタミン酸ナトリウム)の消費と拒絶(2018-2019)

科学研究費助成事業による研究プロジェクト|研究活動スタート支援 代表者 大澤由実

研究プロジェクト一覧

目的・内容

本研究は、グローバルに消費されるMSG(グルタミン酸ナトリウム)を例に、その消費と拒絶という食の選択に着目し、選択の背景にある食の認識体系がどのように構築され変容するのかを明らかにする。現在調味料や添加物として消費されているMSGは、日本での販売からわずか半世紀足らずで世界中に消費が広まった。同時に、MSGの拒絶や消費にまつわる否定的な動きが世界各地で見られる。本研究は食の人類学の視点から、MSGの大量消費国の1つであるタイにおいてどのようにMSGの消費が広まったのか、そして近年どのように拒絶に至ったのか、その過程と背景を解明する。MSGの消費と拒絶という現象から、グローバル化と食、食・健康に関する情報と選択、食品工業・食品科学への信頼性、社会性と食などの、現代が抱える食と健康に関する課題について包括的に考察し、食べることの複雑性・多層性を探求する。

活動内容

2019年度実施計画

2019年度も引き続き、タイにおいてMSGの受容と消費拡大の過程を明らかにするとともに、現在の消費の実態、また消費の拒絶という現象について調査をすすめる。
【文献調査】昨年度収集したタイにおけるMSG(グルタミン酸ナトリウム)の受容、消費、販売、購入等に関するデータ及び文献・資料の整理・分析を行う。また、MSGや関連商品に関する新聞、雑誌など主に歴史的な情報の収集を引き続き行うとともに、資料情報と昨年度実施した現地調査のデータとの照らし合わせた、分析を開始する。
【現地調査】タイの首都バンコクと北タイにおいて、2度の現地調査を行う。バンコクでは、主にMSG消費の拒絶の実態に着目した聞き取り調査を行う。特に前年度の現地調査で明らかになったここ数年の動きとして見られるクリーン・フードなどの食と健康、食と環境に関するムーブメントの実態と背景、それらの動きの中でのMSGの位置付けについて聞き取り調査を実施する。
北タイでは、主に一般家庭を対象とし、MSGの受容と、その歴史・文化社会的背景を探るための聞き取り調査を実施する。昨年度の聞き取り調査では、タイの食文化が新たな食材、調味料、調理法の受け入れなどを通じて変化していることが明らかになった。これらは、食の欧米化、グローバル化、ライフスタイルの変化など複数の要因による変化とみられる。タイにおける食習慣、食文化の変化という比較的大きな枠組みの中でのMSGの受容という過程にも着目する。
また、年度の後半には文献・現地調査の結果についての学会発表及び論文等の執筆に取り組む。

2018年度活動報告

本研究課題の目的はグローバルに消費されるMSG(グルタミン酸ナトリウム)を例に、その消費と拒絶という食の選択に着目し、選択の背景にある食の認識体系がどのように構築され変容するのかを明らかにすることにある。MSGの大量消費国の1つであるタイにおけるMSGの消費とその拡大の社会歴史的過程、現代における消費の実態と消費の拒絶という現象について、文献調査及び現地調査により考察する。
2018年度はタイにおけるMSGの受容、消費、販売、購入等に関するデータ及び文献・資料を収集した。また、11月と2-3月に2度、首都バンコクとタイ北部チェンマイ周辺において現地調査を実施した。食の専門家(研究者、食産業関係者、シェフ)及び一般消費者への聞き取り調査を通じて、MSG消費と拒絶の実態を調査した。MSGの消費の拒絶については、MSGの消費にまつわるネガティブな噂が収集されるとともに、近年はクリーン・フードなどの食と健康、食と環境に関する比較的新しいムーブメントがあることが明らかになった。MSGの消費とその変容については、タイ社会における食の近代化、グローバル化、ライフスタイルの変化など食文化を大きくとりまく変化の中に位置づけられることが確認できた。
現地調査の結果を踏まえて、3月には国際シンポジウム ‘Making Food in Human and Natural History’にて口頭発表を行った。