国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

企画展「アーミッシュ・キルトを訪ねて―そこに暮らし、そして世界に生きる人びと」

アーミッシュ・クリブキルト(子ども寝台用)

  • 会期:2018年6月21日(木)~9月18日(火)
  • 場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:水曜日
  • 観覧料:本館展示観覧料でご覧いただけます。詳細はこちら
  • 主催:国立民族学博物館
  • 協力: ネブラスカ大学リンカーン校インターナショナル・キルト・スタディセンター&ミュージアム
    エリザベスタウン大学ヤング再洗礼派敬虔派研究センター
    ゴーシェン大学メノナイト歴史図書館
    アメリカン・キルトスタディグループ
 

プレーン・ピープル(簡素な人びと)とも呼ばれるアーミッシュが無地の布をパッチワークし作るベッドカバーは、20世紀後期にフォークアートとして脚光を浴びました。特に、厳格に教会コミュニティを守ろうとするオールドオーダー・アーミッシュは、現在も馬車を使用し公共の電気を引かず、公教育の期間を制限しています。世界から孤立したようにみえる人びとは、どのように環境や周囲と交流し影響を与えてきたのでしょうか。本展示では、民博コレクションを素材として、キルトに織りこまれた日々の暮らしや物語、キルトが結ぶ世界との交流を辿ります。

 

アーミッシュは、宗教改革の時代に信教と生活実践を問い直し、スイスやドイツなどを中心に繰り広げられたキリスト教再洗礼派の運動から生まれました。地域・国家や既存の教会に属するのではなく、聖書を読んで自らの意志で洗礼を受けた個人が共に生きることを願う人びとは、宗教的・世俗的迫害の中で北米に移動しました。

 

アーミッシュ・キルト
「バーズ」

無地の女児用ワンピース

アーミッシュ・キルト:
センターダイアモンド

アーミッシュ・ドール
(子ども用人形)

 
お問い合わせ:〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10番1号 Tel:06-6876-2151(代)