国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

旅・いろいろ地球人

驚く

(1)教訓 『毎日新聞(夕刊)』掲載 2015年3月19日刊行
菅瀬晶子(国立民族学博物館助教)

シリア・アレッポ旧市街の市場。この街並みも内戦で失われた=2011年2月、筆者撮影

学生時代、シリアのダマスカスで聖者崇敬の調査をしていたとき、同じ宿に逗留(とうりゅう)する自称ドイツ国籍の男性と親しくなった。シリア人の母を持ち、美しいシリア方言のアラビア語を喋(しゃべ)る彼は、近々国に戻るという。わたしはすっかり彼を信用し、これからパレスチナに留学することまで喋っていた。イスラエルと敵対する独裁国家シリアでは、占領地パレスチナの地名を口にすることすら危険を伴う。秘密警察にでも聞かれたら連行ものだと知っていたのに、彼なら大丈夫だと高をくくっていたのである。

しばらく北部の街アレッポに行き、戻ってくると、彼はすでに旅立っていた。連絡先を交換しなかったことを、わたしは多少残念に思った。ところがその翌日、アレッポで撮影した写真を眺めていたわたしはわが眼(め)を疑った。雑踏でなにげなく撮影した写真の一枚に、彼の横顔がはっきりと写り込んでいたのである。さらにその晩、匿名の不審な電話が宿にかかってきた。アラビア語を勉強するなら、ここシリアでよい家庭教師を紹介してやるという。彼の正体は、もう明白であった。

即座に断り、受話器を置いたときの恐怖を今も時折思い出し、教訓として肝に銘じる。わが身を守れるのは、自分だけなのだと。

シリーズの他のコラムを読む
(1)教訓 菅瀬晶子
(2)君は何曜日生まれ? 吉田ゆか子
(3)あの日見た花の名前は 吉岡乾
(4)遅れてきた手紙 三島禎子
(5)にぎわいの仏国土 末森薫
(6)色ガラスの家 菅瀬晶子
(7)マヤ文明を活用する 鈴木紀
(8)からくりにびっくり 山中由里子