国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

台湾および周辺島嶼生態環境における物質文化の生態学的適応

研究期間:2015.4-2019.3 / 開発型プロジェクト(4年以内) 代表者 野林厚志

研究プロジェクト一覧

プロジェクトの目的

本プロジェクトの第一の目的は、島嶼環境における物質文化を生態学的適応という観点から探究し、自然環境の中から人間が資源を選択する過程を明らかにするとともに、それを実践するうえで利用されてきた土地の知識や技術的背景を体系化することである。従前の目的のために、本プロジェクトでは台湾と琉球列島を含めた周辺島嶼域で作り出され、利用されてきた生活用具、工芸品を具体的な対象とし、それらが製作され利用される生態環境ならびに文化的脈絡に関する基礎的な情報を現地調査、文献調査から収集する。そのうえで、これら両者の相関関係が参照可能なデータベースの構築を行うとともに、そのデータベースを活用した土地の知識の重層的な収集をはかり、従来の知識の掘り起こしとそれに想起される新たな知識体系を明らかにする。

プロジェクトの内容

本プロジェクトの第一の目的は、島嶼環境における物質文化を生態学的適応という観点から探究し、自然環境の中から人間が資源を選択する過程を明らかにするとともに、それを実践するうえで利用されてきた土地の知識や技術的背景を体系化することである。これは、物質文化をある種の生態学的な適応戦略から生み出されてきた生存装置ととらえ、普遍的な物質文化モデルを構築する態度である。一方で、異なる環境はもとより、同様な自然環境の中に生存する複数の集団が異なる生業戦略を採用し、集団間で相補的な関係を築くことが、狩猟採集民、牧畜民、農耕民との間の交渉関係、職業カースト等の調査、研究から明らかとされてきた。また、同様な自然環境中で生態学的な適応を一にする集団が異なるエスニシティを構築しながら、その物質文化の詳細に差異をあたえてきたこともよく知られている。本プロジェクトではこうした生態環境とエスニシティが物質文化にどのような共通性や差別化を与えてきたかを、本館の豊富な標本資料ならびにそれらに関連した民族誌、映像、音響資料、歴史史料をもとに探究することを全体の目的とする。
従前の研究目的を達成するために、本プロジェクトでは本館の所蔵する標本資料の中から、台湾を中心にし、琉球列島を含めた周辺島嶼地域の資料を対象とし、素材、用途も含めた機能、製作技術等の情報を網羅的に収集し、それらの分析を通じて、生態学的脈絡と文化的脈絡の中に物質文化がどのように布置できるのかを考察するものである。これらの地域を調査、研究の対象としたのは、これらの地域の自然環境が比較的類似している一方で、エスニシティの多様性が色濃く見られ、加えて、地理的に他の地域と海洋域によって隔たれていることから、物流の状況が物質文化に与える影響を検証しやすいという理由がある。
調査、研究の対象の中心となる標本資料は、研究代表者である野林が専門とする台湾資料である。これらの資料のなかでも特に重点的に検証を行うのは、北部居住のタイヤル、南部のパイワン、島嶼環境のタオの資料であり、現地調査、現地の原住民族ならびに国内外の研究者による資料情報の相互検証を行うケーススタディを先行させる。これらの手法の有効性を検証したうえで、琉球列島ならびに他の台湾諸地域の資料調査に着手することによって、効率的、効果的なプロジェクトの推進を狙う。以上の過程を通して、土地の知識の重層的な収集をはかり、従来の知識の掘り起こしとそれに想起される新たな知識体系を明らかにする。

期待される成果

本プロジェクトにおいて期待される成果は以下の5点にまとめることができる。

  1. 島嶼環境における物質文化に関わる土地の知識や技術的背景の体系化とそのための方法論の確立すること。
  2. 台湾、琉球列島ならびにその周辺地域における物質文化の共通性と差異を明らかにし、それらが形成されてきた生態学的要因と文化的要因を明らかにすること。
  3. 台湾、琉球列島における物質文化に関わる統合的なデータベースを多言語で構築することによって、オンライン上で物質文化に関わる情報学的分析を可能にする環境を研究者コミュニティに提供すること。
  4. 本プロジェクトの推進に必要な組織の体制を構築するうえで、学術協定を国内外の研究機関と締結するとともに、資料のソースコミュニティとの協力関係を築く。また、本館が台湾、琉球列島の物質文化研究の中核機関の一つとなることによって、共同利用性を高めること。
  5. 本プロジェクトを推進するうえで必要となる調査、研究に若手研究者やソースコミュニティの当事者の積極的な参加を促し、次世代の研究者ならびに現地における調査、研究の実践者を養成すること。

2016年度成果
  1. 今年度の研究実施状況
    台湾資料に関する基本情報を整理したうえで、日本語、中国語、英語による資料台帳の作成を完了した。さらに、これらの資料の海外博物館における収蔵状況の予備調査をインターネット、文献資料を活用して行い、収蔵館による標本名称の相違等に関する状況の概要を把握した。
    これらの基盤データを基本コンテンツとする双方向型のデータベースプラットフォームを日本語、中国語、英語で設計し試行運用を館内で開始した。大きな問題点等がなかったことから、このプラットフォームの実用化のための検証実験もかねて、台湾において国際ワークショップ「台灣資訊跨國多語言交流平台(台湾資料の国際多言語交流プラットフォーム)」を2016年11月26日に、台湾屏東県「原住民族委員會原住民族文化發展中心」において実施した。これは、当初、予定していたビレッジ・ミーティングを拡張するものであり、ソースコミュニティのメンバーだけでなく、地域の資料館の標本管理担当者を含めた国内外の複数の研究分野(人類学、博物館学、情報学、博物学)の研究者ならびにソースコミュニティの当事者と多言語化した資料データベースを共同利用し、インターフェイスの検証と知識の共有の実践的手法について考えた。
    年度末には年度活動の報告と次年度の計画立案をプロジェクトメンバー間で共有する全体会合を開催する。
  2. 研究成果の概要(研究目的の達成)
    本年度は研究計画にしたがい、1)台湾資料に関する情報収集のための現地調査、2)蓄積されてきた台湾関係の資料情報の整理ならびにそれらの多言語化(日中英)、3)双方向型多言語DBの試作ならびに試験的運用と設計に関連した国際ワークショップの実施については目的を十分達している。琉球列島関連資料については、台湾資料のプラットフォームの運用状況に応じた整理の方法を検討しており、台湾資料についてプラットフォームのモデルを構築したうえで、来年度に順次計画を進める予定である。
  3. 成果の公表実績(出版、公開シンポジウム、学会分科会、電子媒体など)
    研究展示「台湾原住民族をめぐるイメージ」2016年8月4日〜10月4日本館企画展示場
    国際ワークショップ「台灣資訊跨國多語言交流平台(台湾資料の国際多言語交流プラットフォーム)」2016年11月26日台湾屏東県「原住民族委員會原住民族文化發展中心」

2015年度成果
  1. 今年度の研究実施状況
    本年度は研究計画にしたがい、次の3点の内容に着手した。
    1)台湾資料、琉球列島資料に関する情報整理ならびに日本語、中国語による資料台帳の作成。2)学術交流締結機関とのプロジェクト内容の協議、確認。3)台湾資料に関する情報収集のための現地予備調査。 1)については、台湾、琉球列島諸島の資料に関連した文献情報の収集(琉球列島資料)、台湾および海外の学術機関のデータベース上で公開されている本館所属と関連した資料に関する情報の収集(台湾資料を中心)を行った。また、台湾資料の標本資名については、英語訳、中国語訳を作成した。  
    2)については、(1)順益台湾原住民博物館を訪問し、博物館長ならびに担当学芸員にプロジェクトの内容についての説明を行い、協力関係の発展的な継続について確認、(2)国立台湾大学考古人類学系および国立台湾大学情報センターを訪問し、当該部門で進めてきた海外資料データベースとの将来的なリンクも含めた研究計画について協議、(3)国立史前文化博物館を訪問し、次年度以降におけるビレッジミーティングの計画について協議、(4)国立台湾歴史博物館と学術協定を締結し、研究協力と成果の公開についての協議、ならびにキックオフとなるワークショップを開催、(5)琉球大学風樹館、琉球大学URAを訪問し、琉球関係資料の資料情報収集のネットワーク形成について協議を行った。
    3)については、2)における活動時に並行して先方機関等での予備的調査を実施した。
    これらの成果の公開の一環として、外部資金も活用しながら、国際ワークショップを実施した(1月24日)。
  2. 研究成果の概要(研究目的の達成)
    当初の研究計画におおむねしたがった研究活動が実施できた。特に国立台湾歴史博物館において実施した国際ワークショップでは、外部資金を活用しながら、館内メンバー全員の参加を実現し、双方の将来構想も含めた情報、意見を担当者のみならず先方機関の所属職員と広く共有することができた。
    資料台帳については、台湾資料については英語、中国語、日本語の3言語による目録情報の公開はデータコンテンツとは可能な状況となっており、システム部分の構築を待つ状態となっている。
  3. 成果の公表実績(出版、公開シンポジウム、学会分科会、電子媒体など)
    出版
    野林厚志
    2015.12.24 「「情報遺産」を博物館が構築する意義―「核としての周縁」からの発信」『民博通信』第151号:12-13
    公開シンポジウム
    (1)国立民族学博物館フォーラム型情報ミュージアム国際ワークショップ
    「台湾および周辺島嶼生態環境における物質文化の生態学的適応」
    (中文題目「台灣及周邊島嶼的物質文化之生態學適應性」)
    日時:2016年1月24日(日)
    場所:国立民族学博物館第5セミナー室
    (2)国際ワークショップ「國立臺灣歷史博物館 國立民族學博物館2015年「民族學と歷史學の交流」博物館交流ワークショップ」
    日時:2015年10月15日-16日
    場所:台湾国立台湾歴史博物館
    本館参加者
    須藤健一館長、伊藤敦規、寺村裕史、日高真吾、野林厚志
    研究協力者
    黄貞燕(国立台湾芸術大学)、范如苑(国立台南大学)、河村友佳子(元興寺文化財研究所)、和高智美(文化創造巧芸)