国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

楽器に関するフォーラム型情報ミュージアムの構築

研究期間:2016.4-2018.3/ 強化型プロジェクト(2年以内) 代表者 福岡正太

研究プロジェクト一覧

プロジェクトの目的

このプロジェクトは、ザックスとホルンボステルによる楽器分類コードと地域・民族分類(OWC)コードを付与した楽器資料データを母体として、映像資料や音響資料などのデータを関連付けた統合的データベースを構築し、音楽関連研究機関、研究者および楽器使用者等が共同して情報を付与して知識を深めることのできる、楽器を例としたフォーラム型情報ミュージアムの構築を目的としている。楽器資料に2種のコードを付すことにより、地域・民族的視点および通文化・比較的視点の双方から諸機関や個人が所蔵する楽器資料を関連付けて、それぞれがもつ情報を有機的に共有するとともに、映像資料や音響資料など、世界の音楽についての研究が蓄積してきた異なる種類の資料を関連付けて、世界の音楽文化を総合的にとらえることを目指す。

プロジェクトの内容

(1)母体となるデータベースの作成
民博が所蔵する約5000点の楽器については、すでに音楽展示プロジェクトチームが中心となって楽器分類コードを付したデータベースを作成した。これらのデータに対して新たに地域・民族分類コードを付与した上でデータを英訳し、プロジェクトの母体となる日英2言語の楽器データベースを作成する。さらに、これに音楽・芸能の映像データベース(データ件数約850件)を英訳した上で関連付ける。
(2)データベースの設計
母体となるデータベースを基に、他の機関や個人がもつ楽器のデータを統合的に扱い、ウェブ上で共同して情報を付加していくための仕組みとインターフェースの設計をおこなう。個々のデータごとにデータの追加修正をおこなう権限をもつ者を定め、コメント機能により利用者が付した情報やアップロードした映像音響資料を参考に、情報を追加修正できるようにする。
(3)複数機関の所蔵楽器データ共有の試み
複数の機関(民博、浜松市楽器博物館等を想定)が所蔵する楽器データを共有し、それぞれの機関においてフォーラム型情報ミュージアムのシステムを利用したデータの公開を試みる。
(4)共同による楽器データ作成の試み
音楽展示プロジェクトチームが寄贈受け入れを計画している約300点の楽器を例に、基礎的な楽器資料データの作成、複数の研究者の協力による共同での情報の付与を試みる。
(5)特定のテーマに沿ったデータコレクション作成の試み
母体となるデータベースから特定のテーマに沿ってデータを選択し、映像音響資料および関連する情報を付加したコレクションを作成する仕組みを設計し、いくつかのデータコレクションを試作する。
《1》フィリピンの音楽を例に、民博所蔵楽器のデータに、研究者が蓄積してきた音響資料を関連付けてデータコレクションを作成する。
《2》東南アジアのゴングを例に、民博所蔵楽器のデータに、楽器製作と楽器演奏等の映像記録を関連付けてデータコレクションを作成する。

期待される成果

このプロジェクトで構築する楽器データベースは次のような特色をもつ。(1)楽器分類コードと地域・民族分類コードを付与することで、2つの視点から楽器資料の関連を探ることができる、(2)映像音響資料を関連付けることで、その楽器が奏でる音楽についても知ることができる、(3)異なる機関等が所蔵する楽器データを統合的に扱い、共同で情報を付与できるようにすることで、相互に情報を充実することができる。民博は日本国内において有数の楽器コレクションをもっているが、データベース上で楽器をまとめて見ることはできず、また楽器学に基づく分類等もされていなかったため、民博の楽器コレクションから体系的に世界の楽器について知ることはできなかった。このプロジェクトにより、世界の音楽文化についての理解を深めるための楽器コレクションとしての意義は飛躍的に増し、他機関等が所蔵する楽器の情報の充実にも貢献することができるだろう。

2016年度成果
  1. 今年度の研究実施状況
    楽器資料についてのデータを研究機関間で共有し、共同でデータの付与や修正をおこなえるようにすることを目指し、以下の作業を進めた。
    (1)データ共有と共同でデータの付与や修正をおこなうシステムの開発
    ウェブ上でデータを共有し、登録ユーザー間で情報の交換をできるシステムの開発を進めている。平成28年度内に開発できる予定である。
    (2)民博所蔵楽器のデータ作成
    民博が所蔵する楽器資料の約5400点について、以前作成した楽器データベースから楽器分類コードのデータを移行し、さらに楽器学上の名称(日・英)を付与する作業を進めている。また、まだ楽器分類コードが付与されていない楽器資料約800点について、コードの付与を進める。平成28年度内に終了する予定である。
    (3)関係研究機関等との連携
    データの共有と共同でのデータ付与・修正のため、浜松市楽器博物館と協力関係を築いた。2019年9月に開催予定の世界博物館大会において、成果を発表することを目標として、さらに関係機関に協力を呼びかけていくこととした。
    (4)寄贈受入予定の楽器資料の調査および運搬
    神戸市の立田雅彦氏所有の楽器コレクション等を、関係機関間で情報を共有しながらデータ付与を進めるモデルケースとするため、寄贈受入を目標として話し合いおよび楽器の調査をおこなった。大量のコレクションであるため、民博に楽器を運搬し、フォーラム型情報ミュージアムのシステムを利用して、リスト化、データ付与等をおこなうこととした。
  2. 研究成果の概要(研究目的の達成)
    楽器データの共有と共同でのデータ付与については、その実現を目指したシステムの開発を進めており、年度内に核となるシステムが開発できる予定である。共有を目標とするデータのうち民博所蔵楽器資料については、順調にデータ作成を進めている。他機関等の楽器データの共有については、楽器資料データベースを作成公開している機関が少ないこともあり、今後の課題として残っている。引き続き、情報収集、協力呼びかけをおこなっていく。共同でのデータ付与については、モデルとする楽器コレクションが当初の見込み以上に大量であるため、2年度に分けて運搬し、基本システムの稼働後2年度目の当初から着手する予定である。特定のテーマに沿って楽器データのコレクションを作成し、映像音響資料等を関連づけるシステムについては、2年度目に開発をおこなう予定である。ただし、前述の楽器コレクションの受け入れとデータ作成に、当初想定した以上の資源を割くことが必要であるため、計画の変更をおこなう可能性もある。
  3. 成果の公表実績(出版、公開シンポジウム、学会分科会、電子媒体など)
    特になし