国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

日本民族学会附属民族学博物館(保谷民博)資料の履歴に関する研究と成果公開

研究期間:2016.4-2018.3/ 強化型プロジェクト(2年以内) 代表者 飯田卓

研究プロジェクト一覧

プロジェクトの目的

国立民族学博物館(民博)が1975年に文部省史料館から受けいれた日本民族学会附属民族学博物館(保谷民博)旧蔵資料21,000点を、収集経緯に着目しながら分類する。収集者や寄贈者の氏名、収集のきっかけとなったエクスペディションの名称などを手がかりに資料検索ができるよう、データベースを整備し、同時に個人名やエクスペディション名についての事典的な説明を提供することで、歴史的な学術資料としての価値を高めることが目的である。
さらには、民博のコレクションが結晶するうえでの核となった保谷民博の資料が、多彩な研究者や民間人によって集められたことを示し、フォーラム的な活動のうえに民博の前史が成りたっていたことの理解をうながす。このことは、長期的にみて、大正・昭和時代の民俗や風俗に詳しい研究者(および、フォーラム型情報ミュージアムが想定するソースコミュニティ)のデータベース活用をうながす効果ももたらす。

プロジェクトの内容

対象となる資料群は、1910年代に渋沢敬三(1896-1963)とその仲間が集めはじめ、1920年代にはアチックミューゼアムとして知られる多彩な人びとの手によって成長したものである。このコレクションは、1937年に日本民族学会(現 日本文化人類学会、1942年~1964年は「日本民族学協会」に名称変更)附属博物館(保谷民博)に寄贈されるが、アチックミューゼアム時代と同様に、1962年まで多彩な会員の手によって成長を続けた。この資料群は、1962年から1975年まで文部省史料館で保管されてから民博に移管されたため、「旧文部省史料館資料」と呼ばれたこともあるが、コレクションが実際に成長していたのはその前の保谷民博時代(および、その前のアチックミューゼアム時代)である。
コレクションが形成された時代は、限定されているとはいえ半世紀にわたり、集められた地域もユーラシアを中心に広範にわたる。その全貌を捕らえる手段は、これまでほとんど(通常の民博館員にも)与えられていなかった。現在のところ唯一の手がかりとなるのは、保谷民博が作成した資料管理台帳である。この台帳の記述内容と民博登録資料との対応を、本館の近藤雅樹教授(故人)が長年にわたって整理しており、その成果は平成28年度中に刊行される運びとなっている。しかし、台帳に記された人がどのような人であり、資料とどのような関係を持つかについては、まだじゅうぶんに明らかになっているとはいえない。
本プロジェクトでは、近藤教授が電子化した資料管理台帳の情報(エクセルファイル形式)を手がかりとし、(1)収集者(管理台帳では「採集者」と表現されている)ないし寄贈者(同じく「寄附者」と表現されている)のリスト化を進める。そして、(2)個々の収集者ないし寄贈者に関わる資料をリストアップしたうえで、(3)その収集者ないし寄贈者の事績を整理する。(1)(2)(3)の情報を1セットのデータとみなしてデータの数を増やしていき、個人名だけでなくエクスペディション名についてのデータも蓄積していけば、個人名やエクスペディション名のリストから資料を検索することが可能になり、同時に資料群の規模も実感できるようになる。
この作業は、真の意味でのデータベース構築ではなく、資料にアクセスするためのポータル(玄関口)の整備と考えたほうがよい。しかし、初期の民博コレクションの概要を知る利便性を格段に高めることになり、プロジェクトの目的で述べたように、将来的に研究者やソースコミュニティがデータベースを利用するうえでのインターフェイスとして機能することができる。この目的を達成するため、人類学史やコレクション形成の経緯に詳しい研究者に共同研究員として参加してもらい、定期的に研究会を開催して情報を持ちよることで、作業を進めていく。
なお、個人名の一部は、ウェブで公開するのにそぐわないことが予想される。ウェブ公開の当否についても、研究会で議論して決めていく予定である。

期待される成果

民博コレクションの核となった保谷民博旧蔵資料の全貌を一覧できるようなポータル(玄関口)が構築される。このことにより、20世紀前半における民博コレクションの成長過程が容易に把握できるようになり、研究目的で民博のデータベースを利用するための基盤が整備されることになる。
また、収集に関わる個人やエクスペディションの概要を知ることができるような事典的記述(1件につき1000文字以内を想定)を作成していき、閲覧の便をはかる。この記述は、それ自体として日本民族学発展史を知るうえでの重要な便覧となるため、プロジェクト終了後に印刷物として刊行することも検討している。
人名およびエクスペディションの解説を充実することは、データベースに対する関心を喚起する。このことは将来、大正・昭和時代の民俗資料や風俗資料についての情報保持者がデータベースを双方向的に利用できるような環境を整えることになり、プロジェクトの高度な展開につながると期待できる。

2016年度成果
  1. 今年度の研究実施状況
    4月17日(日)、7月17日(日)、12月3日(土)の3回にわたって研究会を開催し、1975年に民博が国文学研究資料館史料館(旧文部省史料館)から受けいれた保谷民博資料のデータベースを充実し公開していく手順を話しあった。その結果、現行の標本資料詳細情報データベースを更新していくことのほか、資料収集の状況がわかるよう収集者や寄贈者の人名データベースを別途構築・公開していくことが必要だという合意を得た。
    研究会では、人名データベースと資料データベースのそれぞれについて、仕様や項目立て、運用方針などを話しあった。いずれのデータベースも平成28年度中に運用を開始し、メンバーがコメントを書きこむというかたちで公開にむけての準備をおこない、平成29年度にはコメントを参照しながら公開対象となるレコードを取捨選択する方針を決定した。
  2. 研究成果の概要(研究目的の達成)
    上記の研究会での話しあいにもとづいてシステム構築をおこない、まずはメンバー間でデータベースのひな型を共有して、それぞれが持つ情報をコメントとしてデータベースに書きこめるようにした。人名データベースはすでに平成28年12月に運用を開始し、コメントが蓄積されつつある。ここに書きこまれたコメントは、平成30年3月頃におこなうデータベース更新において反映される予定である。また、資料データベースは平成29年3月に運用を開始する予定である。
  3. 成果の公表実績(出版、公開シンポジウム、学会分科会、電子媒体など)
    飯田卓・朝倉敏夫(編)『日本民族学会附属民族学博物館(保谷民博)旧蔵資料の研究』(国立民族学博物館調査報告として刊行予定)