国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

モビリティと物質性の人類学

研究期間:2019.10-2022.3 代表者 古川不可知

研究プロジェクト一覧

キーワード

身体、インフラストラクチャー、マテリアリティ

目的

グローバル化の進展にともなって、人々の移動はますますその規模と多様性を増している。本研究の目的は、生業活動から観光まで、現代世界の人々が地球上を移動してゆく様々なあり方について知見を集積するとともに、人間の移動には不可避的に伴う物質的な側面を特に焦点化しながら比較分析することである。本研究ではまず、人々の移動を共通項として研究を続けているメンバーの事例をもとに、a.身体、b.インフラストラクチャー、c.マテリアリティを鍵概念としてそれぞれの移動に固有の物質的側面を検討する。そのうえで事例間の共通性と差異を、①地域(アジア、ヨーロッパ等)、②移動背景(難民、観光等)、および③移動手段(徒歩、自動車等)の三つを軸に比較分析する。本研究では人々の移動を、人とモノと環境がその都度の状況に応じて個別的な関係を取り結ぶ実践として捉え、上記の作業を通じてそこに内在する様々な物質性(matelialities)の諸相を明らかにしてゆく。

2019年度

初年度(2019)は2回の研究会を開催する。初回は代表者による趣旨説明ののち、メンバー全員が5分程度の発表をおこなって事例と問題意識を共有し、共同研究全体と個別調査の方針を検討する。第2回にはメンバー4名がそれぞれ1時間程度の研究発表を実施し、討議をおこなって議論を深める。発表者のあいだには、地域・移動背景・移動手段の三つの比較軸に共通点と差異がともに含まれるように構成し、移動という現象の多様性を浮き彫りにすることを目指す。

【館内研究員】 八木百合子
【館外研究員】 左地亮子、高木仁、土井清美、中野歩美、那木加甫、難波美芸、西尾善太、橋爪太作、片雪蘭、村橋勲
研究会
2019年11月2日(土)13:30~18:00(国立民族学博物館 第4演習室)
古川不可知(国立民族学博物館)「趣旨説明と研究動向紹介」
全員「研究テーマの共有」
難波美芸(一橋大学)「インフラで考える巡る時間と流れる時間――ラオス北部ルアンナムタ県の流れ橋と鉄道建設」
全体討論および今後の進め方について