国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

館外での出版物

韓民族海外同胞の現住所――当事者と日本の研究者の声

2012年7月10日刊行

朝倉敏夫太田心平 編

学研文化社(ソウル)
【科研プロジェクト成果】

出版物情報

主題・内容

世界には約730万人の海外コリアンがいるとされている。そのうち中国、日本、サハリン・沿海州、ベトナム、豪州に暮らす海外コリアンの実態と、彼らについての研究動向を、当事者と日本の研究者が語る。

目次

はじめに 朝倉敏夫
総論
第1章 日本で見た海外コリアン 朝倉敏夫
第2章 韓民族海外同胞のネットワークとコミュニティ形成 林史樹
第1部 中国
第1章 中国朝鮮族の現況 安成浩
第2章 中国朝鮮族のネットワーク構成形態についての考察――伝統的な暮らしの形式からの脱皮と連続 朴承権
第3章 韓人留学生社会と社会“たち”――吉林大韓人留学生社会の事例を中心に 崔鮮花
第4章 中朝国境で見た脱北者問題 韓景旭
第2部 日本
第1章 変化する在日コリアン――韓日関係の変化と世界化の中で 岡田浩樹
第2章 在日コリアン研究の動向と課題 島村恭則
第3章 海外コリアンコミュニティの役割 金光敏
第3部 サハリン・沿海州
第1章 沿海州地域で苦痛する多国籍・多文化韓人たち 李愛俐娥
第2章 サハリンの韓民族海外同胞  ナム・ヘギョン(南惠瓊)
第3章 永住帰国がサハリン韓人社会に及ぼした影響 イム・エルビラ
第4章 ロシア高麗人の歴史と民族間交流 チョン・グァングン(全光根)
第4部 ベトナム・豪州
第1章 ベトナム韓国移民の実態 イ・ヒスン(李喜承)
第2章 豪州韓人社会のネットワーク――シドニー韓人社会を中心に チョオ・ヤンフン(趙洋勲)
第3章 創業を中心に見たグローカルな韓人社会――豪州、ベトナム、アメリカの事例比較 河上幸子
第5部 韓国
第1章 韓国での海外韓人の研究動向 高正子
第2章 調査者がやってきた――視点の転換と知識の再帰性に関するメモ 太田心平
おわりに 太田心平