国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

研究会・シンポジウム・学会などのお知らせ

2018年9月20日(木)
国際シンポジウム「フィジー諸語と地理情報システム、および博物館展示への応用」
館長リーダーシップ経費研究成果公開プログラム1

  • 日時:2018年9月20日(木)9:30 - 17:00
  • 場所:国立民族学博物館 第4セミナー室
  • 言語:英語、日本語、日本手話
       (日英同時通訳、日本語-日本手話通訳つき)
  • 研究者対象(参加無料/要事前申込[先着順])
  • お問い合わせ:
    FijiGISシンポジウム事務局
    E-mail:fijigis★minpaku.ac.jp
    ※★を@に置き換えて送信ください。
 

 お申し込みは以下のフォームからお願いいたします。(外部サイトになります。)

 

趣旨

本シンポジウムは、国際学際共同研究「地理情報システム(GIS)を用いたフィジー語方言地図の作成とそれに基づくヒトの移動史の解析」(研究代表者:菊澤律子、2017年4月~2019年3月、りそなアジアオセアニア財団)の研究成果公開の一環として開催する。このプロジェクトでは、フィジーで話される300余言語のデータを地図情報と組み合わせ、通時・共時両側面から言語分析分析を行うためのツール開発を行っている。今回はその中から、フィジーの言語に関する現状、GIS利用の意義と見通し、成果の博物館利用をテーマに、それぞれが研究報告を行い、可能性を探る。
なお、シンポジウムの前後(9月18日、19日、21日)には、プロジェクトメンバーによるサテライト・ワークショップ(英語のみ)を開催する。メンバー以外の関連分野の専門家による聴講も若干名受け付ける。詳細については問い合わせ先まで。

プログラム

9:00 - 9:40 打ち合わせ(通訳者および講演者のみ)
9:30 - 9:50 受付
9:50 - 10:00 開会の挨拶 吉田憲司(国立民族学博物館長)
諸連絡   菊澤律子(国立民族学博物館)
第1部:フィジー語GISプロジェクト 司会:持橋大地(国立統計数理研究所)【英語】
10:00 - 10:50 「フィジー諸語の概要」【英語】
ポール・ギャラティ(南太平洋大学)
10:50 - 11:40 「プロジェクトの概要:なぜフィジー語か?なぜGISか?」【英語】
菊澤律子(国立民族学博物館/総合研究大学院大学)
11:40 - 11:55 休憩
11:55 - 12:45 「地理情報システムを言語学的データに適用する可能性」【英語】
ジョン・ローリー(マッセー大学/南太平洋大学)
12:45 - 13:45 昼食
第2部:フィジーにおけるさまざまな言語 司会:吉岡乾(国立民族学博物館/総合研究大学院大学)【日本語】
13:45 - 14:15 「フィジー語バトゥレレ方言の必須項と周辺項:斜格標示 i を中心に」【英語】
岡本進(東京外国語大学)
14:15 - 14:45 「フィジー手話の地域差―ヴィティレヴ島の西部と東部の比較をとおして」【日本語】
佐野文哉(京都大学)
14:45 - 15:00 休憩
第3部:フィジー諸語と文化、博物館の今後 司会:菊澤律子(国立民族学博物館/総合研究大学院大学)【英語】
15:00 - 15:20 「みんぱくにおけるフィジー語の演劇パフォーマンス」【日本語】
丹羽典生(国立民族学博物館/総合研究大学院大学)
15:20 - 16:05 「フィジーにおける博物館発展プロジェクト:言語に関連して」【英語】
アポロニア・タマタ(フィジー政府フィジー文化経済社会信託機構)
16:05 - 16:20 休憩
16:20 - 17:00 討論(全員)【英語】