国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

受験生へのメッセージ

受験生へのメッセージ

 私たちの2専攻は、フィールドワークを通して考え、研究することを重視しています。グローバル化が進行する現代社会では、文化の移動や混交が日常的になり、人々の帰属意識や繋がりも多様になっています。ヒト、モノ、情報の迅速で多方向的な移動は、既存の枠組みにとらわれない共生・共存の可能性を開く一方で、これまで存在しなかった衝突や摩擦を引き起こす原因ともなっています。このように大きく変化する世界を、人類学的な視点をフルに活用して現場から捉えることのできる人材を養成します。

 両専攻には、文化人類学とその関連の学問領域で、世界各地のフィールドの第一線で活躍するスペシャリストが揃っています。エスニシティ、歴史、生態環境、家族、生殖医療、エイジング、宗教、政治と社会、開発、観光、ジェンダー、音楽と芸能、物語、言語、情報学、博物館学、保存科学、考古学、物質文化、アート、染織、技術、文化遺産など幅広い分野の研究に従事する教員を40名あまり擁する教育体制は、他に類を見ません。基盤機関である国立民族学博物館は、日本における民族学・文化人類学の拠点機関であり、そこに収蔵される膨大な研究資料を活用した研究が可能です。

 フィールドワークや学会での発表を支援する各種の学生派遣制度など、学生の研究や生活を支援する制度が充実しているのも私たちの大学院の特色のひとつです。そのほか、学外の財団などの研究助成や奨学金制度への応募を支援する体制も整っており、日本学術振興会の特別研究員(DC)への新規採択者は、平成17年度から28年度までの12年間で合計27名を数えます(年平均2名あまりで、在籍者の3分の1が採択されています)。平成28年度までに両専攻の博士学位取得者は98名を数え、大学などの教育研究機関を中心にさまざまな分野で活躍しています。

 総研大の地域文化学専攻・比較文化学専攻で、自らの研究テーマと可能性を追求しようという皆さんを歓迎します。

総合研究大学院大学文化科学研究科 地域文化学専攻
                 比較文化学専攻

在校生

荘司一歩 比較文化学専攻(平成26年度入学)

 私が、総研大で専門としているのは、日本から遠く離れた南アメリカ大陸の考古学である。幼少の頃から、歴史などの科目が好きで、いつか自分の知らない地球の裏側の世界を見てみたいと思っていた私は、大学で考古学を学んでいた。そこでは、過去の出来事を物質文化から立証する方法を学んでいたが、一方で、過去や現在、あるいは世界中の社会や文化を同じ土俵で捉え、人間について総合的に考察する、文化人類学にも興味を持つようになっていった。そこで、文化人類学的な視座から考古学を研究するために、この総研大に進学することにした。

この大学に進学することが、私にとって魅力的であったことの大きな理由は、基盤機関である国立民族学博物館(以下、民博)に、様々な分野で活躍する第一線の研究者が多く集まっている点である。民博は、研究成果を発信する社会還元の場であると同時に、最先端の研究が繰り広げられる場でもある。たとえば、日本中、あるいは世界中から研究者が集まるような、研究会や講演会が毎月数多く開催されており、我々学生も参加し議論を交わすことが日常的に行われている。考古学に限らず、様々な視点を持った研究者がいるということは、自分の視野や知見を広げるうえで、このうえない研究環境であることを意味する。

また、学生の研究活動を補助するような、助成事業が多く存在することも、魅力の一つである。民博には、世界中で調査活動をする学生が多く在籍しているが、その調査や研究発表のための旅費などを補助する制度が多く存在する。また、共用の調査機材なども充実しており、学生に貸し出しが行われているなど、研究活動を実現するための環境として恵まれている。

呂怡屏(ロ イーピン) 地域文化学専攻(平成26年度入学)

 私は2014年4月に私費留学生として来日した。修士課程の時、在学していた国立台北芸術大学(台湾)が国立民族学博物館(以下、民博)と学術協定を結び、博物館学ワークショップをおこなった。この際、民博の博物館としての魅力と、民博の研究者による文化人類学のアプローチからの多様な博物館研究が強く印象に残った。それで、私は博士課程では博物館学から文化人類学の世界に移り、民博に置かれている総研大の大学院に進学することにした。

総研大では人類学に関するさまざまなテーマの授業がおこなわれており、興味のある専門分野の知識を深く掘り下げることができる。また、民博に収蔵された世界各地の貴重な標本資料、図書資料、学術データベースなどを自らの研究に自由に利用することができる。

民博はたんなる博物館ではなく、大学共同利用機関である。それゆえ共同研究会や国際シンポジウムなどが数多く開催されている。これらに参加することを通じて、学生は多様な研究課題や最新の研究動向に触れることができるし、自らの研究の視野を広げることもできる。

また、人類学的研究ではフィールド調査が必要となるが、総研大は学生の調査への支援制度が充実している。短期フィールド調査や海外での研究成果発表のための旅費にたいする補助がある。さらに調査で使用するさまざまな機材の貸し出しもある。

私はいま総研大で学びながら、自分のやりたい研究を遂行するうえでとても恵まれた環境にいると感じている。

喬旦加布(チョルテンジャブ) 地域文化学専攻(平成25年度入学)

 私は2009年4月に中国・チベットアムド地域から私費留学生として来日した。本学進学前は北海道大学に3年6ヶ月間在籍し、修士課程で初めて文化人類学を専攻した。大学は青海師範大学を卒業し、専攻はチベット語チベット文学であった。大学を卒業した2006年7月に青海チベット鉄道が開通し、チベット地域への観光客が急増した。大学時代に日本語も勉強していた私は、旅行会社の日本語ガイドとしてチベット各地をまわり、近代化によって起きている文化の変容に注目した。特に私は出身村で伝統的に行われて来たルロ祭と呼ばれる祭祀儀礼に関心を持ち、目の前で起きている伝統文化の変化を考えるようになった。そこで、民俗学に関する本を読むようになったが、文化人類学的研究調査と思考方法に関する知識を身に付ける機会がなかった。

 私の場合は異文化研究ではなく、出身村の伝統文化に関心を持ち、自分とは何か、人間とは何かという文化人類学の視点で自分の出自に関わる歴史や文化などを記述しようとしている。文化の記録と保存、展示という博物館の仕事にも関心を持ち、北海道大学在籍中に学芸員資格取得のための授業も受講した。

 本学の地域文化学専攻の基盤機関である国立民族学博物館は多言語による世界各地の民族学・文化人類学、民族誌、地方史などに関する文献、映像、音声、標本資料を多く収蔵しており、世界でも有数の研究機関であると言っても過言ではない。また、多岐にわたって民族学・文化人類学の最先端で活躍されている研究者に恵まれ、大学院生に対して一対一の丁寧な研究指導を行っている点も魅力である。さらに、国内外におけるフィールド調査に対するサポート体制も充実してり、一般の大学より研究会や国際シンポジウムなどを頻繁に行い、大学院生でも研究発表を行う機会も多く、自分が目指す研究にとって最高の条件を備えていると思う。

田村卓也 比較文化学専攻(平成25年度入学)

 修士課程に在学中、私は2年間青年海外協力隊の隊員としてアフリカでの生活を送った。それまで日本国内をフィールドとした研究を行ってきた私は、博士課程への進学にあたって研究対象と調査地を大きく変更した。そのきっかけとなったのは、日本から遠く離れたアフリカ大陸の海辺で生きる人びととの出会いだった。

博士課程に進学後は、インド洋に面したケニア共和国の沿岸南部に位置する小さな島をフィールドとして、漁撈の研究を開始した。つたないスワヒリ語しか話せず、コミュニケーションに苦労しながら現地調査を進める中、人びとは私をやさしく迎え入れてくれ、島を訪れるたびに知人や友人も少しずつ増えていった。電気や水道のない島のくらしは大変なことも色々とあるが、周囲の自然環境をうまく利用しながら漁を行う漁撈者たちの姿からは学ぶことが多い。

こうした現地の人びとからのあたたかな支えに加え、本学からの手厚いサポートと恵まれた環境は研究を進めるうえで大きな助けとなっている。基盤機関である民博には、膨大な収蔵品や蔵書だけでなく、研究会やシンポジウムといった授業以外の学びの場もある。また、研究を進めていく上においては、現地調査や学会での発表などを重ねていく必要があるが、こうした旅費は学生にとって少なからず経済的な負担となる。本学には調査や学会発表への旅費の支援や、調査に必要な機材の貸与など、学生が行う研究を支援してくれる制度も充実している。

地域やテーマを超えて、さまざまなものの見方や資料に出会える民博は、自らの研究に刺激を与えてくれる、非常に恵まれた研究環境といえるだろう。