巡回展「子ども/おもちゃの博覧会」【島根県立古代出雲歴史博物館】

日時:
2021年07月02日 @ 09:00 – 2021年08月22日 @ 18:00 Asia/Tokyo タイムゾーン
2021-07-02T09:00:00+09:00
2021-08-22T18:00:00+09:00
場所:
島根県立古代出雲歴史博物館
  • 会期:2021年7月2日(金)~8月22日(日)
  • 会場:島根県立古代出雲歴史博物館特別展示室
    島根県立古代出雲歴史博物館ホームページはこちら
  • 開館時間:9:00~18:00(入館は17:30まで)
  • 休館日:2021年7月27日(火)、8月17日(火)
  • 観覧料:一般1000円、大学生500円、小中学生300円
  • 主催:島根県立古代出雲歴史博物館
  • 共催:国立民族学博物館
  • 協力:一般財団法人日本玩具文化財団、公益財団法人千里文化財団
  • 後援:島根県内マスコミ(19社)

概要

本展は、平成31年3~5月に民博で開催した特別展「子ども/おもちゃの博覧会」を、島根県立古代出雲歴史博物館(島根県出雲市)において、巡回展として開催するものである。

展示は、大人とは異なる存在としての近代日本における「子ども」の誕生を、子どもに関する玩具を始めとした様々な生活用品などのモノの展示を通して明らかにすることを目的とする。

近代以降に商品化された子どもの生活に関する多種多様なモノは、現在、民博所蔵のビッグバン旧蔵資料を始め、各地の博物館・資料館や旧家に大規模コレクションとして残されている。展示では、これらの資料を通して、近代以降、質量ともに充実する子どもに関するモノと、子どもの社会やそれを取り巻く社会全体との関係を検証し、モノに映しだされたその時代の生活意識や社会意識を読み解くことで、近代日本の子ども観の形成過程を実証的に提示する。

本展は、これまでの文献や絵画資料などを中心とした子ども像の探求とは異なる視点から、近代日本の子ども観の形成過程を広く一般に展示公開するものである。


みんぱくで開催された時の展示情報はこちら (開催期間:2019年3月21日(木・祝)~ 5月28日(火))